心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     先日は松竹喜劇を観に行きました。

     多分30年来。しかもテレビ中継でなく、生で観るのは生まれて初めて。
     亡き藤山寛美さんの愛娘、藤山直美さんが主演です。

     和服で観に行こう!と、みんなで企み、準備もしていたのですが、無念にも朝から雨。それでも二人の女性は和服姿で劇場に。

     民間で唯一、廻り舞台を備え、全国の大衆演劇の一座にとっては、天然記念物か国宝のような「芝居小屋」。それがわが筑豊にある「嘉穂劇場」です。


     戦前から戦後、日本のエネルギー需要を支えて来た筑豊炭田。40年程前には、小学校の1学年13クラス位(1クラス40~50名)があたりまえ。首都東京の人口密度をはるかに超えていました。

     当時の観客は炭鉱労働者とその家族が中心で、大衆演劇や歌手の公演などで賑わっていたそうで、1962年には年間のべ266日の公演数を誇っていたといいます。

     炭鉱の閉山後、多数の失業者が発生し、人口の流出が急激に進んだのですが、この劇場は健在。
     
     2003年の大水害の折には、劇場復旧チャリティーイベントに大物芸能人、歌舞伎役者たちが駆けつけました。「役者」にとっては、独特の存在感のある「小屋」なのです。


     未だに、当時のままの観劇作法が残されています。
     玄関でビニール袋を手渡され、靴や傘はそれに入れて自ら持ち運びます。食事する場合は前もって弁当を予約して、開演前までに食べなければなりません。殆どが指定席ですが、一人当たり座布団一枚の広さに座ります。枡席では4人が同席。そこに正座か、あぐら。桟敷席のごく一部だけがパイプ椅子です。

     開演前から、客同士がいろんな工夫の末に定位置を確保します。私たちの前列のお二人は高齢で正座が難しく、膝を曲げられません。そこで4人分の面積を上手に割り振りして、脚が伸ばせる様に場所取りを調整します。ここから既に「芝居」は始まっています。「共感」は舞台と観客の間だけではありません。観客一人一人の間にも「共感」が無ければ、「芝居」の醍醐味は味わえません。

     近代的劇場で、個々に分離した客が、舞台の演劇集団と「共感」するのとは異なります。「感じ方はそれぞれの個性」という近代芸術の前提など、大衆演劇には通用しません。

     みんなが同じ世界の中でどよめき、嘆き、涙し、大笑いします。
     そのように脚本も書かれています。誰でも怒る、誰でも悲しむ、誰でも喜ぶ、誰でも笑う。そんな喜怒哀楽の基本中の基本を、極めてシンプルかつ大げさに誇張して、物語が進展します。

     役者が台詞を言う前に、客が同じ言葉を呟いています。単純で分かり易過ぎると、批判するのは簡単ですが、「客」はそこにこそひかれて、何度でも同じ演題を観に行きます。
     
     現代演劇とそれ以前の大衆演劇の大きな違い。それは語り始めるとあまりにも大きなテーマになるので省きます。



     さて。私たちの現実はどうでしょう。
     3.11以降、リアルな「現代演劇」は恐らく全て、世界的規模で終演してしまいました。
     
     危険で恐ろしい「核」が、「安全」で「きれい」な存在であるという、「科学」にもそのレトリックのお先棒を担がせて数十年。私たちは、見事な「集団催眠」、「集団洗脳」、「集団ヒステリー」に陥れられて来たわけです。


     3.11以降、あなたは「大衆演劇」のような世界にいるのかも知れません。
     

     東電のウソは余りにも酷すぎます。政府の不作為は余りにも非道です。御用学者のデマはあまりにも滑稽です。被災地で起こり、かつ今後起こりえる事態は余りにも悲惨です。

     舞台の脚本以上に明白な「物語」が目の前で進んでいるのに…。寧ろ一致団結、「共感」し会えていないのは、私たち「観客」の方かも知れません。





     「関東に住む私たちよりも、遠くの人たちの方が、放射能のことを心配している」と、若い女性の友人から聞きました。彼女は、毎日「午前様」で、放射能のことよりも、日々の業務に疲弊していて、過労死や過労自殺してもおかしくないような状況にいました。

     汚染の高い地域では、避難するか否か、マスクをするかどうか、洗濯物を外に干すかどうかなどという以前に、日々の生活そのものがままならなない状況が未だにあります。

     「確かに放射能は恐い。けれど日本経済の為には原発は必要」という若い男性の友人もいます。



     「共感」を阻むこの温度差を何とかしなければ…。




     ぼくはいま真剣に、松竹や吉本の喜劇作家たちに思いを馳せています。

     悲劇は誰にでも書けます。悲劇を演じる事も容易です。何故ならば、「この世」も「人生」も、基本的には「悲劇的」に構成されているからです。

     悲劇的なこの世界と人生のなかで、「喜劇」を感じ、演じられる人は、類い稀な天才、もしくは極めて霊的レベルの高い人とさえ思えます。


     みんなからは一番愚かで無智で「役立たず」と思われていた人物が、大活躍して世界をひっくり返し、本来の人間的な有り様に修正していく。そんな「トリックスター」的存在は、いわば藤山寛美の当たり役であり、十八番(おはこ)でもありました。

     芸術そのものが世界を変えるのではないにしても、世界の変化の予兆を感受し、誰よりも早く表現する。その能力は、数々の「近未来」作品を観返せば歴然として、あたかも3.11を予見したかの様な作品さえ多数あります。

     そんな「現代芸術」でなくてもいいから、本物の「大衆芸術」が大活躍すべき時代なのだと、つくづく思います。

     
     もちろん、あなたや僕や一人一人が出演者なのです! 


    スポンサーサイト

    【2011/11/13 15:52】 | お笑い
    トラックバック(0) |

    初めまして♪
    ゴンマーサ
    嘉穂劇場ですか。一度行ってみたいなとは思っていますが、地元福岡の大衆演劇も観たことがなくて...。クルマで前を素通りしますが、花が飾られ、人がたむろ?していて、いつも賑わっているんです。そこに何か別世界があるような不思議な感覚になります(笑)
    原発では、おっしゃるような「共感」を阻む温度差は私もいつも感じます。こないだ東京に行く機会がありましたが、福島の影響が大きい首都東京でさえマスクをしている人は皆無です。日常は見た感じ通常通りで平穏そのものでした。
    で、コミュニティの力だけでこの状況を一変させることは不可能でしょうが、それでも市民が粘り強く繋がり続けて温度差を少しでも縮めていきましょう!
    長くなりました。すみません。あ、Twitterフォローさせていただいてます。こちらもよろしくお願いします。


    -
    ゴンマーサ様>

    コメントありがとうございました。
    いろいろ頑張っていらっしゃるのですね。

    >「何か別世界があるような不思議な感覚」
    そうですね。劇場に行くと、突然タイムマシンで過去に戻ったような感覚になります。


    そんな「劇的空間」がある事はとても大切な気がします。
    これから、いままでに経験しなかった新しい感覚を肌で感じながら、『終わってしまった日常を生きろ』!でやっていこうと思います。

    Twitterでもフォローさせて頂いてます。
    宜しくお願いします。



    コメントを閉じる▲
    きのうから、歯が痛い。

    連日の飲酒のせいとは思いつつ、○○占いを読むと、

    「体調はやや下降ぎみ。抵抗力がダウンし、感染症や風邪にかかりやすい状態。十分な休息と高タンパク低カロリーの質の良い食事を取りましょう」

    確かに、確かに。おまけに職場でもインフルエンザが・・・。

    さっそく、連れ合いに「今晩は、魚が食べたい」メールを打った。のだけれど、例によって、携帯を家に置いたまま外出していた連れ合い。

    「今日は手軽に和風スパゲティ」だと!

    「知り合いの保育園で梅干しと納豆を毎日食べさせていたら、インフルエンザの流行期に、二人の子供が時間をおいて罹患しただけだったんだって・・・」

    で、納豆が出てきた。

    確かに高タンパク低カロリーですけどねぇ・・・。

      納得できずに納豆食ったよ!!!



    【2011/01/26 20:55】 | お笑い
    トラックバック(0) |
    私    「いろいろ悩み事が・・・? 例えば?」 
    患者さん 「どうしてクリスマスがあるんだろうか、とか・・・」


    診察室で吹き出しそうになりました。


    私    「北欧なんか冬は日照時間が短いでしょ。で、冬期うつ病とか
         が多いんですよ。」
    患者さん 「えっ? うつを吹き飛ばすために?」
    私    「そうそう!!!」




    クリスマスカラーといえば赤と緑。

    生きる意欲の根源(第1チャクラ)を表す赤とハート(第4チャクラ)を表す緑・・・。

    それはさすがに診察室では言えませんでしたが。



        元気を取り戻して、心温まりますように。





    【2010/12/10 20:31】 | お笑い
    トラックバック(0) |

    なっとく
    Yoko
    本当にそうらしいですね。
    この夏に旅した時に、ガイドさんが「冬が長くて厳しいから、クリスマスがないとやってられないんです」って言われていましたが、冬が苦手な私は、その説明に納得してしまいました。
    なるほど、クリスマスカラーは元気になれます。
    アポロンさんのお陰で、今年の冬は『あったかい」を感じるようにしているので、冬を楽しめています。

    チャペルコンサート
    アポロン
    >Yokoさん

    今年は結構冷え込みそうですね。

    昨夜は体の暖まるものを飲み過ぎて、何だか怠いです。
    連れ合い曰く「外で、朝日を浴びて草抜きしたらいいよ!」

    確かに、そうしたいけど・・・、いったんコタツに入ると抜け出せない!

    23日、チャペルコンサートに向けて練習してます。

    宜しかったらどうぞ!!!
    http://mixi.jp/view_schedule_entry.pl?id=a123bd8b485ec4a109b8f35b5807d357&owner_id=16147574


    P.S
    アポロン
    こんなのもありますよ!!!
    http://rena-orpheus.blogspot.com/2010/11/1226.html


    コメントを閉じる▲
     どんな専門家でも、非常手段というものを持っています。専門的な視点からでは、見えにくかったり分かりにくかったりする時のために・・・。
     もちろん滅多に使うものではないのですがね。

     例えば、クライアントさんのことがよくわからない時、僕は連れ合いに意見を聞きます。な~んだ、と思うなかれ。

     僕    「チャート出して!」
     連れ合い 「あなたと同じ、月が牡羊座だから気が合うわよ」

     僕    「月が牡羊座だとどうなるわけ」
     連れ合い 「突拍子もないことをするとか・・・」

     僕    「はっ?!僕、いつも沈着冷静やけど・・・」
     連れ合い 「はははっ!自分のことは一番わかってないものよ~」

     てなわけで、普段自覚していない自分のことがよ~くわかっちゃうわけです。

     「クライアントさんのことがよくわからない」という時は、普段気づいていない(気づきたくない)自分自身の一面をその人が持っていることがよくあるものです。



    【2010/07/06 16:19】 | お笑い
    トラックバック(0) |


    hanako
    うっ。。

    わからないことが多すぎる私って。。(^_^;)

    因みにおとめ座って。。どうなんでしょう。。。
    私は、とっても繊細で真面目でピュアで「私が法だ。。」くらいの勢いと自信で生きてる気がします(笑)








    乙女座8度???
    アポロン
    そうでしたか!乙女座でしたか!

    でも、誕生日からすると、第2グループなので「個人の節度の範囲内で情感の表現力の幅を限界までひろげる」というタイプ。

    自己分析が正しいとすると、サビアンシンボルは乙女座8度<最初のダンスの練習>で「自分の情感や生命力を活性化するために、他者や状況に依存することなく、一人で自発的にそれを盛り上げるこつをつかもうとします。舞踏などもそうした目的には効果的で、芸事全体によい発展があります」(『決定版 サビアン占星術』松村 潔)とのことですよ。


    hanako
    当たってるようです(*^^)v

    他者や状況に依存することなく。。って本当にその通りです(笑)



    コメントを閉じる▲
     人参と青汁のジュースとショウガ紅茶。
     トマトと青汁のジュースとショウガ紅茶。
     とろろ芋とカイワレ大根入りの蕎麦とショウガ紅茶。

     昨日は、上記品目で3回とも解熱しました。解熱剤は一切使ってません。風邪の時はショウガ紅茶で体を温めて、利尿作用で新陳代謝を促すのが、効果があるというのが、ぼくの見解。

     第一、人参、青汁、トマト・・・、そんな苦くて酸っぱいのばかり、飲みたくもないわい! 連れ合いは、ショウガ紅茶以外のものが効果をもたらしたと主張する。おまけに熱が上がったのは、パソコンのせいと言い張る。

     テルミー(温熱療法)までやってもらって文句は言えませんが・・・。

     今朝は早出当直もあり、しっかり解熱剤で熱下げてから出勤しました。本意ではないものの、その方が手っ取り早いので・・・。


    【2010/07/05 16:37】 | お笑い
    トラックバック(0) |


    -
    ワタクシは毎度熱が出た!と思ったら、即ホカロンを頸椎から腰までの背骨にそって3個貼るんです。そしたらさっきまで走りまくってた
    オカンが、どっか行ってしまいます。
    ここ10数年、これで風邪を治してます。
    もちろん薬は一切飲まず…。

    でも、ワタクシはザンネンながらマジョではありません~。

    アポロンさんは、マオトコ……なワケないか…。(ここ笑うところ)


    たかちゃん
    あ、これって名前を入れないと誰が書いたか分からないんですねぇー。

    たかちゃんでしたー。



    葛根湯
    アポロン
    >たかちゃん
    ホカロン、効きそうv-237今度は試してみよっv-385

    <薬は一切飲まず>
    それは、業界的にはちょっと困る~。
    風邪引く前に「葛根湯」もいいですよ~i-229という患者さん相手の誘惑は得意なんですけど・・・。
    残念ながらマオトコではありませんi-235




    hanako
    私は、ここ十数年。。時々不明熱が出るんです(^_^;)

    高いときは38℃弱あります(T_T)
    そして、長いときはそれが3週間くらい続くんです。。
    最初は熱を測って
    「また熱がある。。」
    「今は○○℃だ。。」と色々やってますが。。そのうち忘れてます(笑)

    どっちかといえば。。熱を見て薬を飲むというより。。体のしんどさと相談して薬を飲みます

    だって。。。お仕事の時に38℃近いとさすがに辛いです(T_T)

    主治医も色々検査しても原因がわからないので、きっとストレスでしょ~~
    と言ってました
    私もそんな気がします(^_^;)

    今度はしょうが紅茶を試してみます(*^^)v




    思春期?
    アポロン
    hanakoさんにぴったりの、業界初診断名差し上げます。
      『思春期遷延化症候群』

    心因性の高熱って、思春期の女の子に多い気がしますv-430


    hanako
    ステキな診断名をありがとうございます<m(__)m>

    胸を張って使わせていただきます(笑)

    コメントを閉じる▲
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。