心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    (1:01)
    被害に遭われた女性へ。
    絶対に忘れないで下さい。
    あなたのことを思い、多くの県民が涙し、怒り、悲しみ、
    言葉にならない、重くのしかかるものを抱いているということを、
    絶対に忘れないで下さい。
    あなたと面識のない私が、発言することによって、
    あなたやあなたがこれまで大切にされてきた人々を
    傷つけていないかと、日々、葛藤しながら、
    しかし黙りたくない、そういう思いを持っています。
    どうぞお許しください。
    あなたとあなたのご家族、あなたの大切な人々に
    平安と慰めが永遠にありますように、私も祈り続けます。
    (1:03)
    安倍晋三さん、日本本土にお住いのみなさん。
    今回の事件の第二の加害者は誰ですか?
    あなたたちです。
    しっかり沖縄に向き合って頂けませんか。
    いつまで私たち沖縄県民は馬鹿にされるんでしょうか。
    パトカーを増やして、護身術を学べば、
    私たちの命は安全なものになるんでしょうか。
    馬鹿にしないで下さい。
    軍隊の本質は人間の命を奪うことだと大学で学びました。
    再発防止や、綱紀粛正などという使い古された、
    幼稚で安易な提案は意味を持たず、
    軍隊の本質から目を反らす、貧相なもので、何の意味もありません。
    (1:04)
    バラク・オバマさん。
    アメリカから日本を解放して下さい。
    そうでなければ、沖縄に自由とか民主主義が存在しないんです。
    私たちは奴隷ではなくて、あなたや米国市民と同じ人間です。
    オバマさん、米国に住む市民の皆さん。
    被害者、ウチナンチュに真剣に向き合って、謝ってください。
    『自分の国が一番』と誇るということは、結構なんですが、
    人間の命の価値がわからない国、『人殺しの国だ』と呼ばれていることをご存知ですか。
    軍隊や戦争に対する、本質的な部分を、
    アメリカが自ら、アメリカに住む市民の一人として、問い直すべきだと、私は思います。
    (1:06)
    会場の、お集まりのウマンチュの皆さん。
    幸せに生きるって何なんでしょうか。
    一人一人が大切にされる社会とは、どんな形をしてるんでしょうか。
    大切な人が隣にいる幸せ。人間の命こそ宝なんだという沖縄の精神。
    私はウチナンチュであることに誇りを持っています。
    私自身はどんな沖縄で生きていきたいのか、
    私が守るべき、私が生きる意味を考えるということは、何なのか。
    日々重くのしかかるものを抱えながら、現在生きています。
    私の幸せな生活が、県民ひとりひとりの幸せにつながる。
    県民みんなが、県民みんなの幸せが、私の幸せである沖縄の社会。
    私は家族や私のことを大切にしてくれる方たちと、
    一緒に今生きてはいるんですが、
    全く幸せではありません。
    同じ世代の女性の命が奪われる。もしかしたら私だったかもしれない。
    私の友人だったかも知れない。
    信頼している社会に裏切られる。
    何かわからないものが、私を潰そうとしている感覚は、
    絶対に忘れません。
    生きる尊厳と生きる時間が、軍隊によって否定される。
    命を奪うことが正当化される。
    こんなバカバカしい社会、誰が作ったのって・・・。
    このような問いを持って日々を過ごし、
    深く考えれば考えるほど、
    私に責任がある、私が当事者だという思いが、
    日に日に増していきます。
    彼女が奪われた生きる時間の分、私たちはウチナンチュとして、
    ひとりの市民として、誇り高く、責任を持って、生きていきませんか。
    もう絶対に繰り返さない。
    沖縄から人間の生きる時間、人間の生きる時間の価値、
    命には深くて誇るべき価値があるんだという、沖縄の精神を、
    声高々と上げていきましょう。
    (1:09)

    https://www.youtube.com/watch?v=KpmCYvhpml4

    友人のブログも御覧ください。


    スポンサーサイト

    【2016/06/20 15:50】 | 社会
    トラックバック(0) |
    彼らは、天国のことなんて知りませんし、地獄のことも知りません。

    国とか民族とか宗教なんてものも知りません。

    「平和」じゃないとか「戦争」があるとかも知りません。


    けれど、彼らは一生懸命自分の命を生きています。


    彼らに必要なのは、食べるもの、着るもの、住むところだけではありません。

    愛してくれる大人が必ず必要です。

    どの一つが欠けても、子どもたちは生きていけません。


    小学生でも自殺する「豊かな国」日本。

    他国の「飢えた」子どもたちと同じくらいに、

    自国の子どもたちの「飢え」に気づかなければなりません。


    放射能のことも、危険な食物のことも、何も知らない子どもたち。

    彼らの命を守れないなら、それは同じ地球上の生命体として、

    とても、とても、危ういことでしょう。


    「夢想」(dream)なんかではない本当の「想像力」(Imagine)が、いますぐに必要です。

    大人だけじゃなく、子どもにも「想像力」があります。

    地球上のすべての生命体の想いが必要な時。

    すべてが共に生きていく以外にない世界。

    それは喜ぶべきことなのだと思います。


    “ And the world will live as one. ”





    【2013/12/27 05:30】 | 社会
    トラックバック(0) |
    関東から九州の実家に帰って来た若者が言う。
    「帰って来ただけで、うつ状態がかなりよくなりました」と。


    「兄ちゃ〜ん。しっかり飯食わなあ〜、仕事にならん。」
    重度の認知症の患者さんが、病棟で大声で叫んでいる。
    自分の職場だと思いこんでいるらしく、なんとも威勢がいい。

    自分自身が一番安心できる環境、自分が自分のままで認められる環境。
    人の心には、それを支える大地のようなものがあって、
    「故郷」は間違いなくそのひとつなのだと思う。

    単に土地のことでなく、「私」の「安心」を支えてくれる居場所。

    何も変わらない美しい大地が、
    臭いもなく、目にも見えない放射能に覆われて、
    人々の心を怯えさせる。

    「安心」も「安全」も奪われれば、そこはもはや「故郷」ではない。
    福島の自殺者の急増も、そういう事ではないだろうか。


    幼い頃から感じてきた「違和感」が、自身の中で解けはじめようとしている。

    「私には故郷がない」と思ってきたこと。
    いまでも生まれ育った土地に殆ど愛着が持てないこと。
    なのに、九州や筑豊をまるで自分の「故郷」のように語っている。
    「他所(よそ)者」のくせに・・・。


    子や孫のために、この土地を汚させまいと、
    訥々と訴える古老の姿に、
    私は初めて「故郷」というものを、感じたように思う。
    50歳も過ぎたのに・・・。

    土地でもなく、文化でもなく、習慣でも、食べものでもなく・・・。
    私が拒み続け、そして求め続けて来た「故郷」はこれだったのだと、
    理屈抜きに感じた瞬間だった。

    わが子を、孫を、同胞を愛し、守ろうとする心の叫びと祈り。
    私がそれによっていま、生かされている大きな愛。
    そして、心の最深部で私を生かしめている思い。

    何十億年、何千万年もかかって作られてきた地層のように
    心の奥にも幾重にも積み重なった地層がある。
    深く、深く掘り下げていけば、
    故郷は果てしなく広がっていくのだろう。

    やがて、ひとつにつながり、
    無限の時空に、生きとし生けるものすべてが繋がりあう地層があるのなら、
    それを仮に、「仏」とか「浄土」とか「天国」と言うのかもしれない。

    古老によって命を守られる孫のように、
    孫の命を守ろうとする古老のように、

    ふたつでひとつの「心」に、私はいま強く励まされています。



    この筑豊という地の底深くには、無数の男や女たちの骨がある。
    落盤事故で救い出されなかった遺骸も眠っている。
    日本のエネルギー産業の一大隆盛期を支えた、
    筑豊を故郷としない人々も、日本を故国としない人々も・・・。
    何千万もの人々が、この地層深くに眠っている。

    大地の上に立つ私には、
    彼らの声が聴こえるのだ。

    「子らを愛する故に、この地に眠った」
    「おまえたちの命を守るために、この地に埋もれた」

    「どうかこの地を、汚さないで欲しい」
    「この地をよく知る者たちの力で、この地を未来永劫守って欲しい」

    いずれ大地の下に埋もれる私は、
    彼らの声を皆に伝えずにはいられないのだ。





    そんな思いで、
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ★皆様のご参加をお待ちしております★

    4月17日(水)

    中泉地区産廃処分場説明会

    時 間 :夜6時30分

    場 所 :小竹町総合福祉センター
         (鞍手郡小竹町勝野3362)

    アクセス:筑豊本線小竹駅から徒歩7分
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



    【2013/04/15 19:21】 | 社会
    トラックバック(0) |







    【2013/01/30 07:05】 | 社会
    トラックバック(0) |
     なんか、よくできた話ばかりだなあと思います。
    アメリカ、日本、中国、韓国。各国首脳、政治家たちの言動。
    なぜ、いま、このタイミングで・・・。

     原発安全神話に騙されてきた事が、明らかになっている最中に。



     どこの国の1%も自分たちの利害のためには、99%の人々を騙して、その命も奪おうとする。
    近代戦争の本質は「A国民」と「B国民」、「A民族」と「B民族」の対立なんかではありません。
    殺戮に手を染める事を強要される99%の民衆と、それを強要する1%の支配層との対立です。

     内紛、内乱が起こりそうな時、支配層は「外憂」に民衆の目をそらさせる。

     原発推進で再選し、瓦礫焼却を強行した石原都知事の「尖閣諸島購入」の動き。8月6日現在、14億1182万円の寄付金が寄せられたそうです。が、何故福島や東北の人々のためには、お金を使おうとしないんでしょう。



     韓国の李明博大統領の言動も、いかにも「挑発的」ですが、中国の人々も石原都知事や日本政府の動きを、いかにも「挑発的」と感じているに違いありません。


     戦争をやりたい時は、きっかけと大義が必要です。

     ニューヨーク株式暴落と世界同時株安に突入した、ブラックマンデー(1987年10月19日)以降のアメリカ。戦争をしたかったアメリカが、イラクのクエート侵攻の動きを知りながら敢えて沈黙し、これを「大義」に湾岸戦争に各国を巻き込んで行ったように・・・。


     
       なぜ、いま尖閣?
       なぜいま竹島?
       なぜいまオスプレイ?


     国民を最も巧みに欺けるのは、自国政府です。



     第二次大戦だけじゃない。
     
     福島の大惨事で、はっきり分かったではないですか!?



     どの方向に向かおうが、政府の言う事を信じて、巧みな「挑発」に乗せられたら最後。多大の犠牲と被害を被るのは私たち99%の民衆なのです。


     自国も他国も関係なく、支配層の言動を鵜呑みにして、その裏を読まなければ、騙されるのは結局私たちなのです。


     原発問題で、信頼が大きく揺らいでいるいま、政府が様々な「仮想敵」を作らないわけがありません!十二分に用心しなければ、世論の分断という罠に引っ掛けられてしまいますよ。




    尖閣諸島問題の裏に米国の影:日本と中国との戦争を誘導せよ。ジョセフ・ナイ著「対日超党派報告書」


    竹島、尖閣と見え透いた極東挑発の連続




    【2012/08/15 17:30】 | 社会
    トラックバック(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。