心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    花ーぼかし




    例えば空を見て美しいと感じる。
    例えば野の花を見て美しいと感じる。
    例えば一枚の絵を見て美しいと感じる。
    例えばある音楽を聴いて美しいと感じる。

    それらがうつ状態では、ほとんど感じる事ができません。
    まるで心に重い蓋が被せられたかのようです。
    あるいは心を動かすためのエネルギーが、切れてしまったかのようです。

    心のあり方が変わると、世界はかつて見た事も無いほどの美しさと輝きを帯びて、感じられることがあります。

    「美しい」は心の外に在るのでも、心の内から起こるのでもなく、「世界」と「心」の間に起こるできごと(現象)です。

    そして・・・、実は「私」も、そんな現象のひとつです。

    「わたくしという現象は・・・」

    宮沢賢治のことばは、なぜか「私」の心を安らかにしてくれます。


    スポンサーサイト

    【2010/06/26 09:54】 | 思索
    トラックバック(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。