心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     突然、時間をさかのぼって過去の自分を生きている事があります。

     夢の中で・・・、少し朦朧とした意識の中で、あるいは目覚めながら・・・。
     「認知症」における「見当識障害」では、よくあることなのですが、それに近い事は、健康な人の日常でも起こります。

     その瞬間、「私」は「いま」ではない過去の時間、「ここ」ではない他の場所に「生きている」わけですが、本人にはそれが「現実」として感じられていて、異常とは認識できません。

     例えば、「西暦2010年6月27日、地球上に生きていると信じているあなた・・・。本当は、アンドロメダ歴250億年、西暦にすればおよそ1万8千年の、エターナル星にいるのですよ。345歳!まだまだお若いですね」と、羽根つきの宇宙服をまとった、身長10センチほどの妖精のような生き物に、話しかけられるかもしれませんね。

     「何をふざけてんだ。そんなことありえない!」と?!
     あぁ~。仕方ないですね。長い宇宙旅行とワープ走行のおかげで、時間の感覚が狂ってしまったようですね。でも、もう少しですよ。もう少しで、あなたはもとの世界、アンドロメダ銀河よりもはるかかなた、というより時間も空間もない世界へ行く事ができますから。ご心配なさらずに。

     ですから、自分がどこにいるのか、どの時代に生きているのか、自分が何者なのか・・・。そんなことは、本当はあまり重要ではないのです。
     覚えてないでしょうね。まだ言葉も知らなかった頃。あなたは「きのう」と「あした」の区別もなく、「○○ちゃん!」という声が自分を呼んでいるとさえ分かっていなかった。あの世界からやって来たばかりで、「時間」や「空間」や「肉体」というものに馴染んでいなかったのですから。


     あっ!しまった!
     今日、中間試験だったこと、忘れてた!!!急いで学校に・・・。じゃあ、またね。。。

    スポンサーサイト

    【2010/06/27 09:20】 | 思索
    トラックバック(0) |

    No title
    hanako
    この日記
    色付きの文字
    太字の文めちゃくちゃ私のツボにハマってます色付きの文字(笑)
    早く、本当の私の世界へ戻りたいです(T_T)

    本当に。。本気でそう思い込んでる私。。。
    もしかして。。見当識障害。。以外のものだったりして(^_^;)

    No title
    hanako
    なんか。。綺麗な色つき文字になってないようですね。。

    失敗です(T_T)

    いろいろないろ
    アポロン
    >hanakoさん
    それって、「見当識障害」なんかじゃありません。
    「幼児期退行」といいます。



    コメントを閉じる▲
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。