心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     診察室にはご高齢のお母さんと、その娘さんが入って来られました。
    「母は認知症なのか、うつ病なのか」というのが、娘さんの「主訴」です。

    娘 「母は、1月から一人暮らしになったんです」
    私 「それから、急に悪くなったんですね」
    娘 「最初は、毎日のように電話をかけてきてたんです」
    私 「今は?」
    娘 「今はありません。どうしてでしょう。」

     横に座っているご高齢のお母さんに、直接聞いてみました。

    私 「どうしてですか」
    母 「最初は寂しかったんでしょうね。でも、毎日来てくれるし、今は別
      に寂しくありませんから」
    私 「そういう事でしょうね」
    娘 「はぁ~」
     
     確かに「認知症」はあるけれど、医者に聞く前に本人に直接聞けばいいのにね・・・。
     娘さんは軽い「うつ」かもしれません。



    スポンサーサイト

    【2010/07/15 21:30】 | メンタルヘルス
    トラックバック(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。