心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     摂食障害になる人たちの心の底には強い自己否定感があります。「あるがままの自分」ではいけない、認められないと思い、痩せることや、あるいは栄養摂取を制限することに、強迫的な努力を傾けます。そのように「努力している自分」、「意志の強い自分」でなければ許せません。その強力な意志によって社会的には成功を収める人もいます。あるいはそれが挫折したとき、自殺に至る人もいます。

     自己否定感の裏には激しい怒りが潜んでいます。その怒りの対象は必ずしも母親とは限りません。社会や世界を対象とすることもあります。
     認められたいー愛されたい欲求と、認めてくれないー愛されないことへの怒りという二つの感情の間に板挟みになって、激しい不安感に苛まれます。その両価的な感情は、大量に過食した後に、それを吐き出すという行動にも反映されます。


     この「強い自己否定感」というのは、おそらく今の時代の普遍的なテーマのように思います。イジメ、不登校、ひきこもり、リストカット、幼児虐待、DV、依存症 etc. さまざまな心理現象の根底に流れている共通の特性のように思われます。




     姪と甥が小学校低学年の頃です。連れ合いが遊びに行って帰ろうとすると、よく泣き出すことがありました。
     彼らが一番強く要求したのは、「『そうね、そうね』って、言って!」でした。ともかく、何の脈絡もなく「そうね、そうね」と言われるだけで、嬉しかったようです。<無条件の受容>ということなのでしょうが・・・。
     
     そんな風に無条件に認められる機会など、今の子供たちにはありません。
     「特別な努力をしていないありのままの自分」が親や他者から無条件に認められるような体験は少なくなっています。
     
     基本的な安心感、安全感、自己肯定感を子どもの心に与えるのは、親だけでなく、「社会そのものの母性」ともいうべきものだと考えるのですが、それが失われてしまっているように思います。「父性」が優位になっているなどということではなく、寧ろ「父性」も失われているのです。


    スポンサーサイト

    【2010/09/22 19:31】 | メンタルヘルス
    トラックバック(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。