心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     「新型うつ病」とか、「非定型うつ病」とか言われて、何か新種の疾患が発見されたような受け止め方をされています。

     精神科では、他科と違って生物学的因果関係や病気の原因を限定し難いまま、精神・心理現象だけで診断されることが多いので、それが「病気」なのか「社会・文化現象」なのか、健康な心理現象の一部なのか、極めてファジーな面が大きいものです。長い経過の途中で病名が変わったり、見識高い複数の精神科医師の精神鑑定結果が、ばらばらになって一致しなかったりもするくらいですから。

     最も狭い意味での内因性(心理・社会的要因でなく、生物学的素因による)精神病は、薬物療法で劇的に改善することが多いので、医療的アプローチが必要かつ有効ですが、近年は、そうではない、つまり心理・社会的要因による影響が極めて色濃い患者さんが増えてきています。著しい自殺者の増加も、同じ心理・社会的現象のひとつと言えるでしょう。


     今どき「不登校」や「社会的引きこもり」を精神疾患という人はいないでしょうが、要は社会環境と個人との関係の中で起こる様々な不調和に、とりあえず「病気」のレッテルを貼っておけば、双方(社会と個人)が対立せず、何となく安心してしまい、なんらかの解決策がありそうな錯覚に陥るという傾向があるようです。 
     
     現実には「不登校」も「社会的引きこもり」も自殺も増加の一途をたどり、決定的な解決策などは見いだされていないのですが・・・。

     「非定型うつ病」もそういうレッテルに近そうに思えます。


    スポンサーサイト

    【2010/12/03 13:26】 | メンタルヘルス
    トラックバック(0) |

    管理人のみ閲覧できます
    -


    コメントを閉じる▲
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。