心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    雪景色

     「二上(ふたがみ)さまが降りてくると雪が降る」

     地元ではそう言い伝えられていて、そう言えば私たちが二上神社の夜神楽を観に行った時も雪が降っていた。

     先日の日曜日、天気予報ははずれて朝からしんしんと雪が降り始めた。何台かの事故車を横目に真っ白な路上を走り、10分程遅れて結婚式場に辿り着いた。会場前のロビーにはたくさんの神様たちの姿。

     地元でも数十年なかったという、大人数の結婚式の時だけ舞われるおめでたい舞。友人が神楽を舞うようになり、その結婚式で披露されることになったのだけれど。
     他所者が神楽舞に加わることも、何十年に一回見れるかどうかのおめでたい舞が、高千穂から離れたこの地で披露されることも、思うにそれは普通ではあり得ないことなのだ。

     いろんな出会いが積み重なって、不思議なえにしが紡がれて、いま高千穂の神々が真っ白な雪と一緒に降りてきたのだと。そう思うと、なんともありがたく感慨深かった。

     「人前式」というよりも「神楽前式」と言うべきだろうか・・・。新郎と新婦も、結婚式と披露宴に列席できた一人一人も、同じ思いだったに違いない。


    [広告 ] VPS



    スポンサーサイト

    【2011/02/01 12:23】 | 独り言
    トラックバック(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。