心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     まずは、胴体に髪を付けます。針でプチプチ刺すだけでくっつくんだから面白い!

    フェルト1

     お雛様の着物です。なんだか射手座、獅子座、蟹座マークみたいな模様になってしまいましたが、まあいっかあ。

    フェルト2

     お内裏様の着物のバックにはト音記号。デザインはなんでもありだよ。友人は富士山とか、龍を・・・!(ガクランの裏地ではございません)

    フェルト3

     後ろから見ると・・・。

    フェルト4

     出来上がり。
     ちなみにお内裏様の裾の模様は、もちろんフェルマータですよ!!!

    フェルト5


     参加者30~50代の男3名。
     講師は、共通の友人の結婚式のために、はるばる石垣島から来てくれた 海月惑星(くらげわくせい) さん。

     やりだすと止まらない。プチプチ、針でフェルトどうしをくっつけて模様を作る。夢中になると、黙々と、口数も減り・・・。

     自分の好きなように無心に物を作る。



     手芸や園芸や料理や掃除・・・。みんな似ているのは、一人で単純な作業を繰り返すこと。この「単純な作業を繰り返し」ていると、どこかで瞑想状態に近づいていく。家事には意外に豊かな「労働」の喜びと精神修養の効果が潜んでいる。そして、何かが生み出されるというおまけつき。

     本当は、男の「労働」だって、もともとはそうだったはず。

     生み出される「成果」は、神様から見れば、ちょっとしたおまけかご褒美に過ぎないのかも知れない。だから、「成果」は一回の天災だけでも台無しになり得る。そうすると人は、また神様に祈る。


     毎日の勤行や毎週の礼拝のように、「単純な作業を繰り返す」ことの方が、人間にとっては、とても大切なことなのかも知れない。

     「成果」、要するに利潤の追求以外には、何の目的も持たない現代の「労働」は、本来の「労働」ではないのだと思う。



    スポンサーサイト

    【2011/02/09 14:12】 | 独り言
    トラックバック(0) |


    Angela
    アポロンさんが、作ったのですかv-236
    ほんとうに?

    すごいですねー(≡^∇^≡)
    男の方三人の、チクチクしてる姿、見てみたかったです( ´艸`)

    怪しい?
    アポロン
    >Angela さん

    そうですよ!
    ぼくが作りましたけど。何か???
    作業中に、見知らぬおじさんが覗きに来ましたよ。
    やはり「怪しい」と思われたのでしょうか?

    確かに、何とも・・・、怪しいです。ハイ。。。



    コメントを閉じる▲
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。