心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    http://www.youtube.com/watch?v=ZxuENWRUXvI

    「本当は危ないんじゃないかなと思ってても、何かしょうがないかなっていう風に思ってしまうっていうのは、だいぶ精神的にも肉体的にも弱らされてしまってると思うんですね。本当に生き残るっていう事とか、自分の命を守るっていうことを、本気で思わなければ、多分福島の人を守るとか、世界から被曝を少なくしていくって事はなし得ないと思うんですよね。」

    「自分の仕事が離れられなくて福島に残っている。危ないと思っていても残っている。知り合いとか旦那が認めてくれないということで、子どもとお母さんが旦那さんと対立しちゃたり、または何か『あいつらは逃げた』みたいに言われたりですね。何かいろんなことを抱えて来てるんです。ぼくは是非ですね、交流してほしいと思うんですね。本当に孤立した気持ちで来ていて、まあ家や部屋があっても本当に葛藤する気持ちとか、純粋に身を守りたいだけなのに何でこんなにいろんな人に避難されなきゃいけないのか。二重の被害。これはもう人災ですよ。」

    「いまこそ原発推進している人は、彼らと話したらどうかと。そこで自分の意見を言うべき。そこで言えないようだったら、通らない様だったら、やるべきじゃないですよ。やっぱりまともに会話ができないことはやるべきじゃない。」

    2011.4.9 healingspace KOKOA にて


    スポンサーサイト

    【2011/04/18 10:04】 | 社会
    トラックバック(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。