心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     父が亡くなりました。

     仕事帰りの道すがら、火事があると必ず駆けつけて屋根に登り、バケツで消火活動に協力していた記憶があります。人の不幸を見過ごすことのできない人でした。父は病床にあって、3.11とそれ以降の事は何も知りませんでしたが、もし知っていたら、とても悲しんだだろうと思います。

     亡くなる前日から医局に泊まり込み、父の容態を診たり注射の指示を出したりしながら、私はどうしても今のうちにと思い、冨田貴史さんの動画を徹夜で編集し、YouTube とこのブログに予約投稿しました。
     
     直後、4月13日11時8分に父は永眠しました。
     

     多分、父が最期のメッセージを私に託してくれたのだと、いまは感じています。

    スポンサーサイト

    【2011/04/19 13:54】 | 独り言
    トラックバック(0) |


    たかちゃん
    そうでしたか…。
    ご冥福をお祈りいたします。




    アポロン
    >たかちゃん

    ありがとうございます。



    ソニア
    お父様の想いはアポロンさんに受け継がれているのですね

    誇りに思っていらっしゃるでしょうね
    アポロンさんのことを

    お父様が光に満ちた道を登っていかれますこと 心よりお祈りいたします


    アポロンさん お疲れを出されませんように

    ソニア


    アポロン
    >ソニア様
     ありがとうございます。

     孫のケンカを泣いて止めるような、とても「母性」の強い人でした。認知症が進んでも、いつも周りに「ありがとう」と言って、不満や愚痴を決して言わない人でした。
     本当に私など及びもつかない、心の清らかさを持ち続けて旅立ちました。


    あつこ
    遺影のお父様は、本当に優しそうな方でした。

    四十九日したら、もう一つの次元に誕生して
    私の父と出会っているかもしれませんね。
    そして、きっともっと大きな存在になって
    私たちを守ってくれるのだと思います。

    大変な時に、
    富田さんのお話、まとめてくれてありがとう。
    深謝します。


    のり
    そうでしたか、、ご冥福をお祈りいたします。
    全く見知らぬ方なのに、お話から、こちらまで心が清らかになった気がします。
    疲れがでてきます、アポロンさんも、どうぞお身体ご自愛下さい。


    アポロン
    あつこさん

    >四十九日したら、もう一つの次元に誕生して
    >私の父と出会っているかもしれませんね。

    きっとノブさんとも会うと思います。
    いま、気づいたけど、どこか似たところがありました。

    子どもも孫も、何をしろとか、何をするなとか、一度も言われたことがありませんでしたよ。




    アポロン
    のりさん

    ありがとうございます。

    今となっては、仕事帰りや日曜日、食事の介助に行っていた日々が、とても貴重に思えます。


    コメントを閉じる▲
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。