心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     仏教でもキリスト教でも「嘘をつく」のは大きな罪です。


     嘘をついた事のない人はいないでしょうし、「嘘も方便」とさえ言います。必要な嘘もあり得ます。私も時に嘘をつきます。

     いずれにせよ文化形成の大きな基礎となる、人間同士の言語的コミュニケーションにとって、嘘は有害である事の方が多いのは当然です。



     一方、宗教的に戒められる「嘘」というのは、ただ単に社会生活上や人間関係の次元のみで禁じられているのではないように思えます。
     自らの心を欺くことも「嘘」として数えられるでしょうし、それは他人を欺く以上に罪深く、自分自身の魂を深く害するものだとも思います。
     日常の中で最も多いのは、寧ろこの「自らを欺く」という意識・行為のように思います。

     これは意外に根深くて、社会的な「嘘」以上に見抜き難いものかも知れません。




     政府や東電の「嘘」を断罪するのは簡単な事です。

     


     しかし、これから先、本当に大変なのは、「私」自身の内側にある「嘘」を、しっかり見つめられるかどうかではないのかと思います。

     本心でもっとも深く願っていること、本心でもっとも大切に思っていること。それが何なのか・・・。実は、私自身や多くの人々が見失っているものかも知れません。 

     外的な情報は、本当はそれ程重要ではないとさえ思えます。「わたし」や「あなた」自身が、本当に何を望んでいるかによって、無数の情報は、極めて主観的に取捨選択されるものですから。

     かつてあれほど原爆や核エネルギーや原子力を嫌っていた日本人が、これほどまで安易に原発大国になることを容認してきた歴史。

     その背景には「日本は貧困」、「エネルギーがない」、「先進国並みの生活」etc. そういう表層の意識ばかりに目をむけさせられ、故にそれを煽る情報操作にも容易にのせられてきた現実があるのだと思います。
     「まあ安全と言っているから大丈夫かぁ」という油断や、「アメリカ人みたいな生活がしたいよなぁ」という欲望が、原爆や核エネルギーにたいする呪詛にも近い怒りや悲しみや恐れに蓋をしてしまったのでしょう。とても根深く重い原始的感情が、自らの「知性」や「(文化的)欲望」によって欺かれてしまったのです。



     「自らの心を欺くこと」

     それが如何に重い罪であることか・・・。いかに甚大な代価を支払わねばならないことか・・・。

     だから人々は古来、「祈り」続けてきたのだろうと思います。自らの内にある「聖なる存在」に気づく事ができるようにと。



     
    スポンサーサイト

    【2011/04/22 20:14】 | スピリチュアル
    トラックバック(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。