心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     「もし戦争になったら、亡命する」と答える若者が現れ出したのは、30年ほど前頃からか?

     私の頭の中では「命をかけても反対する」か、「命をかけて国のために戦う」か、「そうなったら仕方ない」くらいの答えしか思い浮かばなかったので、はじめは冗談を言っているのかとさえ思ったものだった。

     けれど、これ以上日本の状況が悪くなった時、わが子(がいれば)には、海外移住を勧めるかもしれない。

     「立ち去れ、日本!」
     どこでもいい、生き延びれる場所に逃れてくれ、と。
     
     既にそういう若者はいるに違いない。

     真剣に考えるなら、貧富に関わり無く、なんとか日本脱出を試みる者もいるだろう。
      
     否、寧ろそういう若者こそ現れて欲しいとさえ、いまは切実に思う。

     国境や国家や民族から解放された新しい意識は、こんな時にしか産み出されないのかも知れないから。




     で、mixi 調べたら「日本脱出」系コミュがたくさんありました!!!
     
     「海外企業が逃げる」どころか、日本の若者が逃げていこうとしてますよ!どっかの会長さん!!!


     
     

    【2011/08/24 12:43】 | 社会
    トラックバック(0) |


    たかちゃん
    まさに私が子供たちに申しておる事です。
    明るい日本が今後来るとは到底思えないからです。
    でも、結局の所地球は閉じた空間…。
    どこに行っても大差ないのかも…と思ったり…。

    でも子供たちには「もう子孫を残すな」とも
    言ってます。これから生まれ来る新しい命に
    この地球は堪えられないのではないかと思うのです。

    何千年、何万年の時を経たら事情も変わっているかも知れませんが…。

    それまで地球があるのかな?


    -
    たかちゃん>

    「でも、結局の所地球は閉じた空間…。」ですよね。
    アメリカでも中国でも原発事故あるし。

    日本人は、どこまでも島国根性やなあと思う。
    自分たちの事しか考えてないから、自分たち自身さえ守れない。

    放射性物質が飛んでいって、ぐるっと地球一回りするのはチェルノブイリで経験済みなのに。「他人の不幸」を真剣に考えてなかったから、我が身にふりかかっても、まともな対応ができない。

    もっと気軽に、世界中を移動するくらいの感覚がないと、この先生きていけないように思います。ほんとに。

    コメントを閉じる▲
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。