心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     ひとつの目標に向かって、気持ちや考えをまとめあげていく。そんな心のあり方を「意志」と呼びます。
     「意志を強く持って」とか「意志薄弱」とかいわれるので、それは「心の強さ」とほぼ同じように理解されているようです。

     では「心の強さ」とは何かというと・・・、これを測る単位はないのです。
     思考力や知能については IQ とかがありますが、これも本当は「知能」のすべてが測られるのではありませんし、記憶力や右脳的な直感力は IQ テストでは測定できません。


     時に厄介なのは、あまり良くなさそうな「心の強さ」です。
     
     どんなに周りからアドバイスされても、耳にはいらない「意固地」さ。
     本当は反対したいのに、言われた通りにしかできない「臆病」さ。
     みんな楽しんでいる時に、「誘惑」に負けまいとする「柔軟性」のなさ。



     もちろん、目標に向かって、考え行動していく姿が、人を感動させることもありますが、そこにはなぜか、とてもしなやかでおおらかな心の動きが伴っているように思います。
     
     何を目標としているのか、心の底から歓んで行動しているのか、どんな感情に支えられているのか、その内容が人を感動させるのだと思います。



     最近、『てぃだかんかん』という映画を観ました。沖縄の海を再生させたい一心で珊瑚の移植をはじめた、実在の人物 金城 浩二 さんの物語です。

     本人の著書を読み始めているのですが、金儲けしてマイホームを建てるために、必死で働いたそうです。ただ、その目標が達成されてしまった時、「なんのために稼いでるんだろう」と思いはじめたのだそうです。ここまではよくある話です。

     子どもの頃から海や生き物が大好きで、辛い時にはいつも海に向かって「僕に力をください」と祈っていたそうです。ある日珊瑚が白化している(死んでいる)のを見て、彼の「意志」は急展開していきます。



     人の「意志」は、人だけで、あるいは自分一人だけで生み出せるものではないと思いませんか。人を包み込む「自然」と、家族や仲間や人との関わりや出会いの中で、私の心の中に「意志」が生まれるのではありませんか。

     何らかの passinon(熱情)が無ければ、will(意志)の発動もあり得ません。そして passinon(熱情)は passive(受動的)なものです。

     それは、あまりに見慣れた当たり前の事なので、かえって気づきにくいのかも知れません。が、「意志」や「志」は、縁あって与えられるものだと思うのです。


    【2010/06/14 10:19】 | 心理
    トラックバック(0) |

    No title
    さとP
    その映画、岡村君が素晴らしいようで見たかったのです。
    難解?高レベル?の意識屋さんのブログも今日は
    私にもコメントできるかも!の内容でした。。。

    なるほど意志(石?医師?)は、受動的なものなのかぁ

    状況によっては天啓、宇宙の流れって事にも似ているかなって思う時もあります。

    何か自分であって自分でないような力や流れが自分を思わぬ方向に位置付けるとか。

    それは昨今、「ぶれない」自分とかも言われているけど
    もっと大いなるものの力による個人だけの力ではないような気がします。
    受動的に起きた意志によって能動的におこした行動やお行いは、はたから見ると一個人の頑張り様に映るかもしれませんが。

    思わず、意識屋さんの脳に触発されてしまいました。





    石みたいに固い医師の意志は…
    アポロン
    >さとPさん
    映画…、久々に泣いちゃいましたぁe-259
    岡村君と原田美枝子の夫婦役が、滅茶苦茶いいi-199
    http://tida.goo.ne.jp/

    これから、「石」のようなブログ、柔らかくしていきますe-441

    mission
    sodafloat
    カネやモノに対するpassionは行き止まり。

    mission(使命)を見つけた時に、passionは本物になるのではないですか。

    vision よりも…
    アポロン
    >sodafloat さん
    なんかのドキュメンタリー映画で聴きました。

       「vision より mission の方が強い…」

      で、自分を空っぽにしていなければ、mission は降りて来ないのだろうと思っています。

    訂正
    アポロン
    嫁さん役は 松雪泰子 の間違いでした。
    原田美枝子 は母親役でしたi-229



    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    No title
    その映画、岡村君が素晴らしいようで見たかったのです。
    難解?高レベル?の意識屋さんのブログも今日は
    私にもコメントできるかも!の内容でした。。。

    なるほど意志(石?医師?)は、受動的なものなのかぁ

    状況によっては天啓、宇宙の流れって事にも似ているかなって思う時もあります。

    何か自分であって自分でないような力や流れが自分を思わぬ方向に位置付けるとか。

    それは昨今、「ぶれない」自分とかも言われているけど
    もっと大いなるものの力による個人だけの力ではないような気がします。
    受動的に起きた意志によって能動的におこした行動やお行いは、はたから見ると一個人の頑張り様に映るかもしれませんが。

    思わず、意識屋さんの脳に触発されてしまいました。



    2010/06/14(Mon) 14:56 | URL  | さとP #-[ 編集]
    石みたいに固い医師の意志は…
    >さとPさん
    映画…、久々に泣いちゃいましたぁe-259
    岡村君と原田美枝子の夫婦役が、滅茶苦茶いいi-199
    http://tida.goo.ne.jp/

    これから、「石」のようなブログ、柔らかくしていきますe-441
    2010/06/14(Mon) 16:39 | URL  | アポロン #-[ 編集]
    mission
    カネやモノに対するpassionは行き止まり。

    mission(使命)を見つけた時に、passionは本物になるのではないですか。
    2010/06/14(Mon) 18:36 | URL  | sodafloat #mF3ww7/Y[ 編集]
    vision よりも…
    >sodafloat さん
    なんかのドキュメンタリー映画で聴きました。

       「vision より mission の方が強い…」

      で、自分を空っぽにしていなければ、mission は降りて来ないのだろうと思っています。
    2010/06/15(Tue) 00:02 | URL  | アポロン #-[ 編集]
    訂正
    嫁さん役は 松雪泰子 の間違いでした。
    原田美枝子 は母親役でしたi-229

    2010/06/15(Tue) 00:16 | URL  | アポロン #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。