心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     誰かのために生きるのではない。
     誰かのために死ぬのでもない。
     自分のために自分の人生を生き抜く。

     この現世を生きる法則として、正しいと思う。

     

     もう一次元高い位置から見る。


     誰かのために生き、
     誰かのために死ぬ。
     それは同じくらいに間違いのない法則だと思う。

     
     幾人かの死に接して、そう思う。

     必要な人に必要なエネルギーを注ぎ込むために、重要な気づきを与えるために、本人も気づかずに自らの死を選んでいるように思えることがある。

     「死」を通してしか伝わらないこともある。とりわけ魂という次元では・・・。


     「死」は、生者に対する最高かつ最大の贈り物である。

     哀しみも含めて、生者の魂の前に差し出された供物であると思う。

     

     私たちは、たくさんの「死」を戴いて生きている。
     霊的にはそういうことだと思う。

     人の「死」を何年もかけてしっかりと咀嚼しなければならない。




     姉の13回忌が終わった。

     父は既に重度の認知症だけれど、バイクに乗れなくなるまでは、姉の家に毎日通って掃除していた。理由は何も言わなかったけれど、姉の供養をし続けていたのだと、私は思っている。

     近頃の父は、時に不思議なことを言う。奇妙にそれが、周囲の誰の言葉よりも的を射ていると思われる事がある。

     認知症によって脳が萎縮しても、父の魂は寧ろ拡大し、あの世とつながり易くなっているようなのだ。

     医者や家族さえ知り得ない、様々な事を霊的に感じているよう思える。

        亡くなった姉の霊魂とつながり始めたのかもしれない。





    【2010/12/15 01:13】 | スピリチュアル
    トラックバック(0) |


    スヌ~ピ~
    何回も書いていますが、私は「死」を経験させてもらいました。
    そして、誰かの「命」をもらって生きています。
    ただ・・・その効力?みたいなものが、もうすぐ
    終了します。
    つまり、次は本当に「死」か? またまた誰かの「命」を頂くのか?は私ではなく別の力任せです。

    認知症という病気は叔母で経験させてもらいましたが、
    今考えると、周りの捉え方で、本人は違うと思います。
    本音が出ているだけかも知れません・・・。

    霊的なモノに目覚めると周りには奇異に映るでしょうね・・。
    全ての生き物の中心に目を向けているのかも。

    私の使命である、セゴヴィアさんの意思を伝える仕事の焦点が少しづつ見え始めました。
    これから、ますます「おかしな内容」を発信していきます・・・。




    あつこ
    先週は父の通夜に来てくれてありがとう。

    父も晩年は「痴呆」が少し入っている状態でしたが、霊性は穏やかに柔らかになっている感じでした。入院中は意識がほとんどなかったのに亡くなる三日前に孫が見舞いに行き「じいちゃん、ありがとう」と言ったら涙を流したそうです。魂はきっとわかっていたのでしょうね~。

    あの世からの音
    アポロン
    スヌ~ピ~さんなんかには、当然の常識かも知れませんけど。
    音楽は、あの世とこの世をつなぐ不思議な力をもっているように思います。

    いつも、「セゴヴィアさん」が話しているのだと思いながら、YouTubeなど観させて頂いています。

    確かに「おかしな内容」に、とても納得してしまいます。

    お葬式
    アポロン
    姪御さんのクラリネット素敵でした。
    お孫さんの演奏で見送られるお爺ちゃんは、きっと幸せですよね!

    とても、いいお葬式でしたe-51

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    何回も書いていますが、私は「死」を経験させてもらいました。
    そして、誰かの「命」をもらって生きています。
    ただ・・・その効力?みたいなものが、もうすぐ
    終了します。
    つまり、次は本当に「死」か? またまた誰かの「命」を頂くのか?は私ではなく別の力任せです。

    認知症という病気は叔母で経験させてもらいましたが、
    今考えると、周りの捉え方で、本人は違うと思います。
    本音が出ているだけかも知れません・・・。

    霊的なモノに目覚めると周りには奇異に映るでしょうね・・。
    全ての生き物の中心に目を向けているのかも。

    私の使命である、セゴヴィアさんの意思を伝える仕事の焦点が少しづつ見え始めました。
    これから、ますます「おかしな内容」を発信していきます・・・。

    2010/12/15(Wed) 08:37 | URL  | スヌ~ピ~ #-[ 編集]
    先週は父の通夜に来てくれてありがとう。

    父も晩年は「痴呆」が少し入っている状態でしたが、霊性は穏やかに柔らかになっている感じでした。入院中は意識がほとんどなかったのに亡くなる三日前に孫が見舞いに行き「じいちゃん、ありがとう」と言ったら涙を流したそうです。魂はきっとわかっていたのでしょうね~。
    2010/12/15(Wed) 11:38 | URL  | あつこ #-[ 編集]
    あの世からの音
    スヌ~ピ~さんなんかには、当然の常識かも知れませんけど。
    音楽は、あの世とこの世をつなぐ不思議な力をもっているように思います。

    いつも、「セゴヴィアさん」が話しているのだと思いながら、YouTubeなど観させて頂いています。

    確かに「おかしな内容」に、とても納得してしまいます。
    2010/12/15(Wed) 12:08 | URL  | アポロン #-[ 編集]
    お葬式
    姪御さんのクラリネット素敵でした。
    お孫さんの演奏で見送られるお爺ちゃんは、きっと幸せですよね!

    とても、いいお葬式でしたe-51
    2010/12/15(Wed) 12:09 | URL  | アポロン #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。