心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     何年か前に、父を故郷まで車で連れて行った。元実家のあった場所、菩提寺、墓所、神社。祖母が実家を売り払って以来、何十年も行ったことがなかった。祖父が土葬された山の中腹まで行くと、涙が流れた。父は意外に淡々としていた。
     4歳の頃、葬列について山道を登った生々しい記憶は、しっかりと脳裏に焼き付いている。私が祖父と対面した最初で最後の「出会い」だった。



     年明けて早々に両親を九州に連れてきた。父の認知症はかなり進んでいて、時に私のことも忘れる。結婚して長年住み慣れた土地を離れるのはさぞ辛かろうと思って話したら、父は何の拒絶もなく「行く、行く」とうなずいたので、少々面食らった。

     住んだこともない父の故郷に、そして生まれ育った場所でもないこの地、九州に、私はわけもなく強い郷愁を感じる。何か不思議な縁があるような・・・。父ももしやそんな縁を感じているのだろうか。自らの最期の地になるであろうこの地に。


     土着の文化の中にある、「郷愁」や「故郷」というような叙情に違和感を感じていた。例えば遊牧民やロマやユダヤ人、あるいは日本の旅芸人や修験者にとって、「故郷」は一体何なんだろう。



     スペイン内戦に際して祖国から亡命して以来、遺体としてしか一度も祖国に帰らなかったパブロ・カザルス。第二次世界大戦後、愛する生地カタルーニャの民謡『鳥の歌』を演奏し始めた。

     「私の生まれ故郷カタロニアの鳥は、ピース、ピース(平和)と鳴くのです」

     彼の本当の魂の故郷は「平和」だったのだろうか。


     私には、この地上に実在する「故郷」など無いようにも思う。
     夜空を見上げた時に感じる懐かしさ・・・。
     本当の出生地に向かって、旅立つために、魂の故郷に向かって、生きているようにも思う。
     

     父の認知症は、そんな故郷に帰るための旅支度なのかも知れない。

     「まあ、あと2年やから・・・、いや冗談やけどな・・・」と、唐突に言った。
     父の言葉を信じて、旅支度を手伝わせてもらおうと思っている。



    【2011/01/29 11:38】 | 思索
    トラックバック(0) |


    さとP
    私も今年は介護元年、となりそうなので
    とても身近な内容です。

    なつかしさってなんだろう、と考えた事があります。

    懐かしさは幸せだった記憶のかけらという感じがします。

    はじめてきた場所でも、自分の魂の故郷に通じる「幸せの匂い」を帯びていたら懐かしい郷愁があるように思います。

    誰かから大事にされた記憶、自然界が見守っていてくれた安心感。



    旅支度のお手伝い、お互いそんな年齢ですね。



    介護元年
    -
    確かに、あちらもこちらも・・・介護元年ですね。

    <自分の魂の故郷に通じる「幸せの匂い」>

       M78星雲が懐かしい・・・(笑)

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    私も今年は介護元年、となりそうなので
    とても身近な内容です。

    なつかしさってなんだろう、と考えた事があります。

    懐かしさは幸せだった記憶のかけらという感じがします。

    はじめてきた場所でも、自分の魂の故郷に通じる「幸せの匂い」を帯びていたら懐かしい郷愁があるように思います。

    誰かから大事にされた記憶、自然界が見守っていてくれた安心感。



    旅支度のお手伝い、お互いそんな年齢ですね。

    2011/01/29(Sat) 15:40 | URL  | さとP #-[ 編集]
    介護元年
    確かに、あちらもこちらも・・・介護元年ですね。

    <自分の魂の故郷に通じる「幸せの匂い」>

       M78星雲が懐かしい・・・(笑)
    2011/01/31(Mon) 11:46 | URL  |  #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。