心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    今日は朝から引き戸の修理。戸車を付け替えました。
    我が家には何と15枚も引き戸があります。開き戸はトイレだけ。

    戸車もつけない襖や障子の技術は、日本だけかもしれません。
    障子の張り替えをしてもらった職人さんいわく、「10年でこの程度しかたわんでないのは素晴らしい」とのこと。

    木を使った技術に、日本人は長けているのだと思います。


    きのうは、珍しい音楽会に行きました。自称お百姓さんですが、な、な、何と西洋の古楽器の職人さんでもあります。写真のリュートもリコーダーも自作品!です。リュートの表の板は…、台所のまな板。基本的に身近にある地元の木材を使う主義なのだそうです。

    ルイ14世の頃のフランスの楽曲をいろんな楽器で演奏してくれました。


    リュート




    さてこれは、12世紀の南フランスで作られた歌 Orientis Partibus(「 東の国からやって来た」)です。10番まである詩の最後の方に「下手な歌声、夜空に響き、全ての人を優しく包む…」という歌詞があるそうです。

    Orientis Partibus
    http://www.youtube.com/watch?v=qWdWTsZ7lO8&feature=feedlik


    本当にいいものは、身近にあるもののようです。




    【2011/06/05 23:44】 | 独り言
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。