心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     思考は主観的で感情は客観的なもの。
     そんなことを小林秀雄氏が書いていたのを思い出します。

     今晩何を食べるかを考える事は簡単です。が、美味い夕食を食べた時の喜びを今すぐ感じようと思っても簡単にはできません。感情は外から、つまり「美味しい夕食」という外部の存在によって引き起こされる訳で、その時自らの意識は受動的です。自由意志ではコントロールし難い「感情」というものは、主体の外側にあると考えられます。なので「感情」は客観的存在です。 

     一方、自由意思によって能動的に思考することができるので、これは主体自身の内側にあり、外側の存在からは自由です。つまり「思考」は主観的存在です。

     さらに広げて考えると「思想」は本来主観的なものだということです。なので主体の好みの問題に過ぎず、「考え方」や「思想」の正否、善悪を議論しても不毛だということになります。

     他方、悪質な環境の中で人の身体が反応を起こすように、感情も外的環境に左右されて反応します。

     であればです。経済成長を続けなければならないという「思想」によって、自殺者が増え、その背後に控えている膨大な数の人々の「抑うつ感情」が却って強くなり、「幸福感」が弱くなるのだとすれば、後者の「感情」の方にこそ、経済政策上の客観的な評価基準がおかれるべきです。どれだけ多くの人々が「幸福」を感じられるか。その方がGDPや経済指数よりも、より客観的な指標になるのではないでしょうか。

    日本の「幸福度」43位
    自殺率


    【2010/06/23 12:40】 | メンタルヘルス
    トラックバック(0) |

    幸福感
    ソーダフロート
    ・・・そうなんですけど、「誰かが持っている物を自分は持っていないという不足感=不幸感」があるから、人々はせっせと物を買います。それが、資本主義社会を回します。
    逆に、人々がわずかな持ち物で満足=幸福だったら、資本主義はまわりません。
    民衆の欲求不満・不足感・不幸感は、資本主義のガソリンなんです。
    政府はだから、幸福感を指標にはしないでしょう。
    (これは、先だって日記でご紹介した、内田樹さんの著書からの受け売りですけど)

    レンタル家族
    アポロン
    なるほどですねe-2
    とりわけ「消費資本主義」とさえ言われる現代は。
    1970年代頃までは、「物」が中心で、その後は「サービス」が中心の消費財になってるようにも思います。メニュー表に「スマイル0円」なんて書いていた時代も、過ぎてしまったのでしょうか。
    「レンタル兄さん」、「レンタル姉さん」、「レンタル友達」が商品になる時代、そのうち「レンタル家族」も出て来るかも・・・。

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    幸福感
    ・・・そうなんですけど、「誰かが持っている物を自分は持っていないという不足感=不幸感」があるから、人々はせっせと物を買います。それが、資本主義社会を回します。
    逆に、人々がわずかな持ち物で満足=幸福だったら、資本主義はまわりません。
    民衆の欲求不満・不足感・不幸感は、資本主義のガソリンなんです。
    政府はだから、幸福感を指標にはしないでしょう。
    (これは、先だって日記でご紹介した、内田樹さんの著書からの受け売りですけど)
    2010/06/23(Wed) 22:36 | URL  | ソーダフロート #mF3ww7/Y[ 編集]
    レンタル家族
    なるほどですねe-2
    とりわけ「消費資本主義」とさえ言われる現代は。
    1970年代頃までは、「物」が中心で、その後は「サービス」が中心の消費財になってるようにも思います。メニュー表に「スマイル0円」なんて書いていた時代も、過ぎてしまったのでしょうか。
    「レンタル兄さん」、「レンタル姉さん」、「レンタル友達」が商品になる時代、そのうち「レンタル家族」も出て来るかも・・・。
    2010/06/28(Mon) 11:14 | URL  | アポロン #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。