心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     毎日太陽が昇ること、夏が暑いこと、子どもが成長すること、飛行機が空を飛ぶこと、お金で物が買えること etc.
     どんなに文明が発達しても、しなくても、宗教があっても、無くても、私たちの生活は「信じる」ことで成り立っています。

     とりあえず人と人が信じ合っていなければ、世の中が成り立たないのは太古も現代も変わりません。

     日々の生活に必要な大小さまざまな事柄を、何を根拠に「信じ」ているかと言うと、それは決して「科学」知識などではないでしょう。何故ジャンボ機が空を飛べるのか、科学的に理解して乗るわけではありませんし。

     お金の価値が変わらないと思うのも、経済学者がそう言うから信じているのではありません。経済学者さえ正確には予測できない通貨価値の安定と変動を支えているのは、所詮人々の「信用」です。それが崩れれば「信用恐慌→金融恐慌」は容易に起こり得ます。
     
     「信じる」ことの究極の根拠は、何ら物質的な世界には存在していないのだと思います。
     私の主観であり、あなたの主観であり、私とあなたの主観であり、私・たちの共同主観であり…。つまるところ、形なき心の世界に発しているのだと思います。



     子どもたちは生まれつき、親を神様のように「無条件に信じ」ています。でなければ生きていけないからです。虐待を受けた子どもがその記憶を喪失したり、「自分が悪かったからだ」と歪んだ「物語」に作り変えるのは、小さな命の精一杯の自己防衛でもあります。
     大人を信じられなくなった子どもほど、無力で悲惨な存在はありません。


     この目には見えない「無条件に信じる」力は、「愛」以前に発動する心のはたらきであり、「愛」と同じくらいに強力です。


     私・たちの多くは心のどこかで密かに信じてきたのだと思います。『いくらなんでもそんな大事故が起こるとことはない』と。チェルノブイリの事故があっても、やがてその現実を忘れて日々の生活を送ってきたのではないのでしょうか。少なくとも私はそうでした。 

     いま私たちが直面しているのは、「信じる」あるいは「信頼する」心のありようそのものの崩壊であるのかも知れませ。自身や子どもたちの命を守るためには、とても「信じる」ことのできない危険な言説や、行動や、人間たちや、隠された現実が多すぎます。
     今回の大惨事で、それらが一挙に露呈してしまいました。周りを見渡せば、嘘、騙し、欺き、偽り、ごまかしに囲まれてしまっています。

     「信じ難い」ことに、命のこと、人類の未来など意にも介しない人々が、この国や世界の原子力政策を押し進め、今回の事故を半ば「必然的」に引き起こしたのだという、「悲劇」さえ通り越してしまった度し難い現実。

     それらを「無心に」、「無条件に信じ」てきた、「わたし」自身に対する幻滅。



     それらを全て無かったことにしてしまおうという、心理的防衛が働いても不思議ではありません。

     「放射能恐怖症」などという奇妙なレッテルを張りたがる人々は、本当はとても心弱い人たちなのかもしれません。疑い出したらとても正気でいられなくなる現実を、認めたくないのかも知れません。
     彼や彼女らは、「信じる」という根源的に強固な心理的安定装置を破壊されることから、自らを守ろうと必死なのかも知れません。

     「さまざまな情報を自分で考え、判断し、行動する」

     それは一言で言うほどに容易な事ではありません。ましてや命や、長い未来に関わる選択については。




    【2011/07/12 23:40】 | 心理
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。