心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     カウンセリングに限らず、人間関係で相手のことがよく「わからない」という時、人はあれこれ考えて慎重になるので、大きなトラブルは案外起こりにくいものです。

     むしろ難しいのは、よく「わかる」という時です。
     親子、夫婦、恋人 、友人 etc. お互いよく「わかっているはず」の関係においてこそ、大きなすれ違いやトラブルは生まれるものです。

     「わからない」より「わかる」方が安心できるので、人は「わからない」気持ちの「わけ」を知りたくなります。それがわかれば心の整理箱に納めることもできますから。例えば「何だそんなつまらないこと」という箱や、「とりあえず、私には関係ない」という箱や、「それは私が何とかしなければ」という箱等に「わけて」納めます。
     この「わからない」から「わかる」までの処理の過程には、必ず「分別」(思考)が用いられます。

     ひとつの落とし穴がここにあります。「分別」や「思考」そのものが、あまりあてにはならないということです。
     
     例えば、かつて『登校拒否』を精神疾患として、病院に強制入院させていた高名な医者もいましたが、いまではとんでもないことです。「『引きこもり』は、専門的治療を受ければ必ず『治る』。一定期間放置されると、自力で回復することはあり得ない」という、やはり高名な医者の発言や著書も、現実の経過そのものによって覆されてきました。

     「わかった」つもりが長く続けば、「思い込み」になって、なかなか「思い直し」がきかなくもなります。「偏見」というのはそういう誤りのひとつとも言えます。  (つづく)


    【2010/07/07 19:25】 | 心理
    トラックバック(0) |


    hanako
    そうですね。。

    思い込みって、何の根拠もないのにかなり根が深い気がします(^_^;)
    思い込みの激しい私は偏見を持ちやすいかもしれません。。

    うん。。確かにそんな気がする。。





    「思い入れ」
    アポロン
    「偏見」というのは屁理屈のついた「思い込み」です。理屈っぽい論理志向型の僕みたいな人の方が、寧ろ陥り易いと思います。

    なので、「何の根拠も無い」思い込みというのは、寧ろ直感的な「思い入れ」なんだと思います。それは、悪い事でもなく、そういうタイプなんだと思いますよ。乙女座らしい直感力!!


    hanako
    よかった(*^^)v

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    そうですね。。

    思い込みって、何の根拠もないのにかなり根が深い気がします(^_^;)
    思い込みの激しい私は偏見を持ちやすいかもしれません。。

    うん。。確かにそんな気がする。。



    2010/07/07(Wed) 20:35 | URL  | hanako #-[ 編集]
    「思い入れ」
    「偏見」というのは屁理屈のついた「思い込み」です。理屈っぽい論理志向型の僕みたいな人の方が、寧ろ陥り易いと思います。

    なので、「何の根拠も無い」思い込みというのは、寧ろ直感的な「思い入れ」なんだと思います。それは、悪い事でもなく、そういうタイプなんだと思いますよ。乙女座らしい直感力!!
    2010/07/07(Wed) 22:42 | URL  | アポロン #-[ 編集]
    よかった(*^^)v
    2010/07/08(Thu) 19:23 | URL  | hanako #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。