心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「(ロンドン)デリーの歌」というアイルランド民謡にはたくさんの歌詞があり、その一つとして有名なのがこの「ダニー・ボーイ」です。

    日本語訳もたくさんあって、今回は、なかにし礼による訳詞で歌いました。
    ひな祭りの日のことです。


    英語やゲール語のいろんな歌詞は、それぞれに深い内容があります。恋の歌であったり、望郷の歌であったり、家族愛の歌であったり、革命の歌であったりもします。アイルランドの人々は一つのメロディーからいろんな思いを、感じ取るに違いありません。


    とても切ない英語の歌詞があります。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    お前がどんなにそっと、わたしの上を歩いても
    私にはきっとわかるだろう。
    そして私の墓地は、暖かく癒される。
    お前は身をかがめて、愛していると言ってくれるだろうから。
    だから私はお前が帰ってくる日まで、安らかに眠っていよう。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    「それぞれの歌」が、ひとりひとりの心の中に秘められています。

    ひとつひとつが、かけがえのない「歌」です。





    【2012/03/11 00:18】 | 音楽
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。