心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     いかにお金を稼ぐか、そのことばかりに気持ちを奪われてきた。
     その結果が今回の原発事故だったとも思います。


     昨日は「わくわくマルシェ」に参加して、久々に癒された気がします。

     参加者は、「わくわく」という通貨で買い物をします。この通貨は、貯蓄できません。利子もつきません。
     もしも、有機農法の採れたて野菜や、かわいいフェルトの作品や、手作りパンや、たくさん欲しいなら、手元の500わくわくはすぐに無くなってしまいます。なので、自分も何かを出品します。自家製クッキーやワッフルや、余った布地 etc. 手に入れた「わくわく」でまた、何かを得る事ができます。

    わくわく1


     何も差し出す「物」がなければ、歌を歌ってもいいし、ギターを弾いてもいいし、心のこもったマッサージをしてもいいのです。それもできなければ、「ニコッと笑顔であなたのおそばに3分間」というのもありかも…。

    わくわく2



     「お金で物を買う」のでもなく「物々交換」ともちょっと違う。いわば人と人のエネルギーの交換、心や思いのやりとりが基本です。「わくわく」のチャンスをためこんでも仕方ないのです。「わくわく」をその場で人に与える。その場で「わくわく」を受け取る。

     これは、実は私たちが人間として幸せに生きる事の基本のように思います。
     「わくわく」が循環すればするほど、「わくわく村」のつながりはとっても居心地のいいものになります。村の総生産額(GDP)=「わくわく」通貨の総量は変わりませんが、「総わくわく」は、つながりの多さ、強さ、「わくわく」の交換頻度に応じて増えたり減ったりします。

     昨日の「第2回わくわくマルシェ」に、ぼくはギター伴奏を頼まれて参加しました。アコーディオンで歌う「風和土(ふわっと)~れいちゃん」と一緒に、みんなで歌を歌いました。

     お礼にたくさん「わくわく」を頂いたので使い切れず、「第3回わくわくマルシェ」で使おうと、楽しみにしています。

     「それって地域通貨のこと?」

     近いのかな…。でもそれ以上のものだと思います。

     これから、この資本主義の経済システムは確実に崩壊していきます。
     このシステムと真逆の発想をする人々が増えてきたのは、歴史の必然ともいえるのでしょう。いかにお金を稼ぐかではなく、いかにお金や物に依存せずに、自由に、幸せに生きて行けるかという発想です。

     なので、もはや「この時代」を支えようなどとは思っていません。いかに、お金依存社会から抜け出すか、いかに原発依存社会から脱け出すか。おそらく、予想もしないほど急速に、これまでの文明や社会は崩壊して行くだろうと思うのです。その時のためにこそ、新しい時代の種をまいていこうと思っています。

     一見少数派と思われている人々の中にこそ、新しい時代の種が宿っている。

     ぼくはそう確信しています。




    【2012/05/14 13:15】 | 社会
    トラックバック(1) |


    ぽぽ
     似たようなことは神田昌典さんもおっしゃっていますね。彼によると、2018年ごろにはお金を使わないで暮らす(お金に依存しない)人が全体の10%程度になるとか。


    -
    ぽぽ様>
    できれば、「お金を使って暮らす人」が10%になるくらいの世界に変わって欲しいものですが…。


    のり
    ごぶさたしていますm(_ _)m

    わくわくマルシェ、人が大事にされているというのが、癒されます。楽しそうですね!


    -
    のり様

    お久しぶりです。
    確か、地域通貨のお話し、しましたね。

    「経済システム」や「お金」によって、人と人とのつながりが断ち切られて行く、人と自然とのつながりも断ち切られて行く。

    昨日、ネットを見ていたら、「広島への原爆投下は虚構ではなかったのか」と、真面目に議論する若者がいて驚きました。そこまで「人の言葉」、「過去からの証言」が信用されなくなってしまったのでしょうか・・・。



    ぽぽ
    >できれば、「お金を使って暮らす人」が10%になるくらいの世界に変わって欲しいものですが…。

     彼の見立てによると、2018年にお金に依存しないで生活する人が10%程度、すなわち10人に1人くらいの割合になれば、そこから2人に1人の割合(つまり50%程度)までになるのはあっという間で、日本に限って言えば、2030年までにはかなりの部分で貨幣経済から脱却できるそうです。

     完全にお金が無くなるということではないですが、生活において、お金の力が十分に低減された社会ということでは、今よりも穏やかな社会とはいえるかもしれませんね。

     まあそれすらユートピアとは異なると、彼は注意書きをつけておりますが(汗)。

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
     似たようなことは神田昌典さんもおっしゃっていますね。彼によると、2018年ごろにはお金を使わないで暮らす(お金に依存しない)人が全体の10%程度になるとか。
    2012/05/14(Mon) 20:07 | URL  | ぽぽ #3eZYKnkw[ 編集]
    ぽぽ様>
    できれば、「お金を使って暮らす人」が10%になるくらいの世界に変わって欲しいものですが…。
    2012/05/15(Tue) 21:20 | URL  |  #-[ 編集]
    ごぶさたしていますm(_ _)m

    わくわくマルシェ、人が大事にされているというのが、癒されます。楽しそうですね!
    2012/05/18(Fri) 22:17 | URL  | のり #-[ 編集]
    のり様

    お久しぶりです。
    確か、地域通貨のお話し、しましたね。

    「経済システム」や「お金」によって、人と人とのつながりが断ち切られて行く、人と自然とのつながりも断ち切られて行く。

    昨日、ネットを見ていたら、「広島への原爆投下は虚構ではなかったのか」と、真面目に議論する若者がいて驚きました。そこまで「人の言葉」、「過去からの証言」が信用されなくなってしまったのでしょうか・・・。
    2012/05/19(Sat) 07:27 | URL  |  #-[ 編集]
    >できれば、「お金を使って暮らす人」が10%になるくらいの世界に変わって欲しいものですが…。

     彼の見立てによると、2018年にお金に依存しないで生活する人が10%程度、すなわち10人に1人くらいの割合になれば、そこから2人に1人の割合(つまり50%程度)までになるのはあっという間で、日本に限って言えば、2030年までにはかなりの部分で貨幣経済から脱却できるそうです。

     完全にお金が無くなるということではないですが、生活において、お金の力が十分に低減された社会ということでは、今よりも穏やかな社会とはいえるかもしれませんね。

     まあそれすらユートピアとは異なると、彼は注意書きをつけておりますが(汗)。
    2012/05/27(Sun) 12:00 | URL  | ぽぽ #3eZYKnkw[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
     いかにお金を稼ぐか、そのことばかりに気持ちを奪われてきた。 その結果が今回の原発事故だったとも思います。 昨日は「わくわくマルシェ」に参加して、久々に癒された気がします。 参加者は、「わくわく」という通貨で買い物をします。この通貨は、貯蓄できません。...
    2012/05/14(Mon) 17:24:28 |  まとめwoネタ速neo
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。