心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    その1

    福島原発周辺の蝶々に突然変異がもたらされているという琉球大学の大瀧丈二准教授らの研究が、あの有名なイギリスの科学雑誌「ネイチャー」に、8月9日、掲載されました。
    http://www.senkyojapan.net/news-index/20120816_001/
    8月16日には有名なフランスの新聞ルモンド紙に、1面トップと6ページ全面に、この件が掲載されたそうです。
    日本では殆ど、取り上げられてませんが。


    ヤマトシジミ 


    いまや「Fukushima」の現実について最も無知なのは日本人かも知れません。

    日本政府は「風評被害だ!」と、イギリスやフランスに、何故抗議しないのでしょうね?


    その2

    オリンピックの開会式で、何故日本人選手団が、途中で全員退場させられたのか???

    「誘導ミス」はありえないでしょう!?
    「がれきメダル」は、入場式では選手の誰も身につけていませんでした。
    明らかに、英日政府どうしで裏の合意があったはずです。

    では、どういう理由でしょうね?



    恐らく、二つの件には同じ理由が潜んでいるのだろうと思います。



       海外は、日本の汚染の酷さを知っている。
       日本政府も知っている。
       けれど、国内向けには嘘をつく。



       他にどんな理由が考えられますか???







    【2012/08/17 21:35】 | 原発
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。