心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    親不孝通りの “ Voodoo lounge ” というライブ・バーに行った。
    七尾旅人と友部正人を聴きに。

    『圏内の歌』(http://www.youtube.com/watch?v=sUj4bzvw3eE)がすごく好きになって、
    ライブを聴きたいと思ってたところ。

    この日、未発表の『ぼくらの光』(?)が演奏された。
    CD出たら、すぐ買う!
    1945年から2011年までを物語にした、歌というより、語り。
    内容は・・・、あなたの想像通りですよ〜。(ー_ー )


    奄美大島の人は「鹿児島に差別されて・・・」と言い、
    奄美諸島の小さな島の人は「本島に差別されて・・・」と言い、

    権力のマトリョーシカ構造みたいな・・・
    差別やイジメのマトリョーシカ構造みたいな・・・

    原発でなくても、シャーペンひとつでもあれば、
    それで、イジメるやつがいて・・・
    人間ってのは・・・

    東電や政府を批判して、正義を言葉にできるやつもいて・・・
    それは、オレはもういいかなって、
    自分自身が加害者にもなっちゃってて・・・、言葉にさえできなくて、
    ・・・口の無い人たちがいて・・・
    そんな人のために、歌って、在るのかなって・・・、
    そんな人たちの思いを、オレは歌いたいっていうか・・・。

    政治や科学の言葉じゃなくて、
    福島に入って・・・
    歌や文化でしかできないことって、
    いや、そう言う事の方が、現実にたくさんあるんだって感じて・・・


    七尾旅人はそんなことしゃべりながら歌ってた。


    多分会場には5〜6歳から60代くらいまでの人たちがいた。

    インディーズの連中の巣窟みたいな、かなりヤバイ雰囲気の空間のはずなんだが、
    両腕にびっしりタツゥーの、バーテンダーの兄ちゃんが、モップで床掃除しながら、
    「すみませ〜ん」って、客に頭下げてるのが、妙な違和感。


    こういうアートって、血を流して身を削らないと生まれないんだろうと思う。


    一緒に行った若い(?)女の子が「男の人って繊細なんだ。女の人より優しいんだ」って・・・。

    はっ?
    今頃気づくかよ!?

    ずっと昔から、子どもや連れあいのために、「血を流して身を削って」生きて来たし、
    いまだって、世界中で男の自殺率の方が高いっしょ!!!

    それはともかく、旅人さん!「死なないで欲しい」!!!ということでは、彼女と同感でしたよ。



    【2013/04/27 10:23】 | 音楽
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。