心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     先進国に住む人々は、一人あたり、毎日ゾウ一頭分のエネルギーを消費しているのだそうだ。
     ゾウ一頭の排泄物の量はものすごい。それが、日本中にまき散らされたら、ぼくらは足の踏み場も無くなっていまうだろう。

     では、現代世界でぼくらが排泄する「ゾウ一頭分のウンチ」はどうなるんだろう。
     
     都会の夏の夜なら、クーラーの室外機を通して熱帯夜を作る。車に乗れば大気中の排気ガスになる。原発を動かせば「死の灰」がどんどん溜まっていく。

     無限に、無尽蔵にエネルギーを使えるという発想は、実はとても異常なことである。無限に、無尽蔵に経済成長しなければならないという発想と同じ。長い人類の歴史の中ではつい最近、近代科学技術が文明の中心になってからのことだ。そしてそんなオプティミズムは、資本主義でも共産主義でも変わらない。

     友人曰く「『エネルギー』を『時間』という概念に置き換えてみると分かり易い」と・・・。

     例えば、ぼくがあと何年生きるか・・・。

     死は必ずやってくる。その間にどれだけエネルギーを使えるかと考えれば、明確な限界がある。そして限られた時間、限られた肉体、限られたこの世の人生の中で、本当に大切なのは、行きている時間の「長さ」ではないことに、ぼくたちは気づいている。

     時計では測り得ない内的時間、「カイロス」こそが本当にリアルな「時間」。それは瞬間であると同時に永遠でもある。ぼくやあなたが生きるているのは、長さも量もない、計測不能なこのカイロス的時間なのである。

     西洋近代科学の実践的起点は占星術師たちの天体観測に始まり、思想的起点は自然哲学者や神学者による人間の「理性」に対する限界設定に始まったのだろうと思う。

     地球は宇宙の中心でなく(地動説)、人を他の生物と分け隔てる「理性」や「知性」には自ずと限界がある(カントの「純粋理性批判」)という、考えてみれば極めてプリミティヴでシンプルな思念に回帰したのが、近代自然科学的思考の原点でもある。
     そんな地動説や近代合理主義を唱えた人々、ニュートンやコペルニクスやデカルトやカントが、当時、敬虔な宗教的探求者でもあったことは、とても興味深い。

     地球は宇宙の中心でなく、人間の理性にも限界があると、そんな通俗的な観念が、何故にその後の人類の意識を制覇し得たのか。何故に近代自然科学的思考が、それ以前の神学的、宗教的理念以上の権威を持つに至ったのだろうか。明確な答えは見当たらない

     いずれにしても「人間存在」や「人智」に限界を与え、一種の目的論的思考(例えば、「神の御心」)を離れた不可知論(無神論ではない)が、他でもない近代自然科学の発展と成長をもたらした。

     そして無限の可能性と潜在能力を信じる、一種の「幼児的万能感」と「神なきオプティミズム」を生み出したことも事実なのだ。 

     
     

        これは、とても不思議な歴史的パラドックスとも思える。

     私たちの「現代科学」はいま、その子どもっぽい「万能感」と「楽観主義」からの脱却と成長を迫られているようにも思えるのだが・・・。




    【2013/07/08 09:05】 | 思索
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。