心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「自然発生」ではあり得ない
            ~ 放射線量と甲状腺がん有病率との強い相関関係 ~

    https://drive.google.com/file/d/0B230m7BPwNCyMjlmdTVOdThtbEE/view

    1. これまで公表されていなかった福島県内の59全市町村での
    一次検査(甲状腺エコー検査)実施時期を確認しました。
    2. その結果、この検査時期(被ばく後の時間経過)が量反応関係の交絡因子(バイアス)となっていることが明らかになりまた。
    3. 交絡因子を補正し、一次検査及び細胞診までの時間経過を考慮に入れて分析しました。
    4. その結果以下のことが、統計学的に明らかとなりました。

    A.「高線量地域ほど、また一次検査までの経過時間が長いほど要精査(B、C判定)率が高い」
    B.「高線量地域ほど、また細胞診までの経過時間が長いほど有病率が高い」
    C.「高線量地域ほど要精査者中の有病者割合が高い」
    D.「スクリーニング効果」や「過剰診断」によって
    「多発」を説明することは科学的に不可能である」

    図7 ー外部線量と補正後有病率

    【2016/02/12 07:25】 | 原発
    トラックバック(0) |

    承認待ちコメント
    -


    管理人のみ閲覧できます
    -


    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
    2016/02/29(Mon) 09:46 |   |  #[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016/03/20(Sun) 16:14 |   |  #[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。