心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    花火



    夏の夜空に 
     
    大きく広がった 光の花びらが
    散ったかと 思うと
    また 開き

    いくつもの いくつもの 閃光が
    煌めいては 消え
    広がっては しぼみ
    輝いては 無くなり



    地上では 何十億年

    いくつもの いくつもの 命が
    生まれては 消え
    出会っては 別れ
    愛しては 憎み

    いくつもの いくつもの 時間が
    往ったり 来たり
    来たり 往ったり



    ふと 見上げると
    ひとつ ひとつの 閃光が
    私や あなたや
    恋人や 母や
    恐竜や クラゲや
    兵士や 聖者や
    裁判官や 死刑囚や
    幼子や 老人や
    夜光虫や イモムシ
    のように


    ひとつ ひとつの 光たちが
    切ないほど
    美しく 美しく 美しく
    空に 輝いて いた。




    そんな 夜に
    ぼくたちは 生きているんだね、と・・・





    【2010/07/22 20:00】 |
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。