心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     イルカウォッチングに行ってきました。4~5隻の高速船で、イルカの群れに接近します。毎日の事で慣れているのでしょう、イルカたちは船の真横に近づいてきて飛び跳ねます。親子イルカもいました。



    [広告 ] VPS



     宿泊した天草の旅館の仲居さんが話してくれました。

     頭の着いたエビを、近頃の子どもたちは恐がって食べないのだそうです。安価な冷凍の無頭エビしか食べていないものだから。「頭の着いたエビ」は、地元で捕れた新鮮なものなので、爺ちゃんや婆ちゃんたちはその美味しさをよく知っているのですが・・・。

     エビは頭部から腐敗するので、遠くフィリピンなどから運ばれてくるものは、現地で既に頭を切り落とされています。そしてフィリピンの子供たちは「エビの体は一体どこにいったのか?」と不思議がるのだそうです。


     天草や島原、有明や水俣の海は、不思議なくらいに豊穣な生態系を保っています。なので地元の漁師さんたちは魚をあまり捕りません。貝やエビやカニやウニやアワビや海藻だけで十分なほどに、食べていけるのだそうです。
     おかげで、この海域にはたくさんの魚たちが生息していて、イルカの好物のイワシやサンマも大量に泳いでいます。

     大型のサメなどの外敵も、この湾内には殆ど入ってこないので、イルカたちは安心して「定住」しているようです。イルカが回遊せず、一年中同じ海域に生息するというのは、世界的にも珍しいことなのだそうです。


     なんだか<母の胎内>のような海でした。



    【2010/10/12 20:26】 |
    トラックバック(0) |


    たかちゃん
    ステキな映像ですねv-238
    海が近いのですか?
    外洋に面している海を私は知らないんです。須磨っ子ですから…。

    頭のないエビのお話も、
    今の子ども世代なら 頷けます。
    だって知る機会があまりにも乏しく、
    「食する」ということが「命」を貰うんだという事に気づく子どもは 殆どいないと
    思います。

    だって、食料自給率が低いと言われつつも 飽食のこの時代。
    親の世代からして、食べ物=命を粗末にしているんですから…。

    生き物と隣り合わせに生きる事の難しさ…。こうやってイルカたちを間近に
    見る事が出来るなら、海の中の生き物へも、少しは思いを馳せる事が出来るのかも…。

    う~ん、うまく纏められない。。。

    海の幸
    アポロン
    >たかちゃんさん

    天草までは高速で走って、4時間くらい。
    確かに「外洋」というものを、ぼくも知らずに育ちました。
    瀬戸内海は汚れて、海水浴のできる海岸も減っていました。

    九州は、北の玄界灘、東の豊後水道、西の有明海、八代海、南の鹿児島湾・・・。海の幸は本当に豊富です。

    その地元でも、子供たちはファストフードに慣れてしまってますけど。

    イルカの群れをまじかに見るなんて、生まれて初めてでした!


    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    ステキな映像ですねv-238
    海が近いのですか?
    外洋に面している海を私は知らないんです。須磨っ子ですから…。

    頭のないエビのお話も、
    今の子ども世代なら 頷けます。
    だって知る機会があまりにも乏しく、
    「食する」ということが「命」を貰うんだという事に気づく子どもは 殆どいないと
    思います。

    だって、食料自給率が低いと言われつつも 飽食のこの時代。
    親の世代からして、食べ物=命を粗末にしているんですから…。

    生き物と隣り合わせに生きる事の難しさ…。こうやってイルカたちを間近に
    見る事が出来るなら、海の中の生き物へも、少しは思いを馳せる事が出来るのかも…。

    う~ん、うまく纏められない。。。
    2010/10/13(Wed) 23:15 | URL  | たかちゃん #-[ 編集]
    海の幸
    >たかちゃんさん

    天草までは高速で走って、4時間くらい。
    確かに「外洋」というものを、ぼくも知らずに育ちました。
    瀬戸内海は汚れて、海水浴のできる海岸も減っていました。

    九州は、北の玄界灘、東の豊後水道、西の有明海、八代海、南の鹿児島湾・・・。海の幸は本当に豊富です。

    その地元でも、子供たちはファストフードに慣れてしまってますけど。

    イルカの群れをまじかに見るなんて、生まれて初めてでした!
    2010/10/14(Thu) 16:26 | URL  | アポロン #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。