心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    まず衝撃的なニュースです。
    「18歳以下1人が甲状腺がん 福島健康調査8万人分析」
    (共同通信)
    http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/239.html



    今朝のフジテレビのニュース番組「とくダネ」を観ました。

    「福島県、子供の甲状腺検査で36%に、異常を発見 」
    http://www.dailymotion.com/video/xthlls_yyy-yyyyyyyyy36-y-yyyyy_news


    『最大2.5mmの嚢胞を含む複数の嚢胞(個数はカウントしていない)』を持つ7歳、福島県の男児。東京の池袋病院で再検査してもらう場面がありました。TV画面に、そのエコー画像も映し出されました。結果、10mm大の嚢胞(私には充実性結節ないし内部に充実性病変を有する嚢胞のようにも見えました)が2個見つかりました。医師は「(複数の)嚢胞がかたまったようなしこり」と表現。検査した先生は、「全く心配いりません。いまのところは」と。

    えっ?吸引細胞診は?と思いました。

    これがヤラセでないとすると、2.5mm以下の多発性嚢胞の状態が、極めて短期間に「(複数の)嚢胞がかたまったようなしこり」、あるいは 10mm 大の嚢胞が2個あるような像に変化していたという事になります。

    実は、県民調査で1個と言われていたのが、他の病院での検査では2個に増えていたとか、「小さな嚢胞がグジュグジュになったような」という話も耳に入ってきます。
    あるいは、福島県以外の地域からの避難者のエコーをしてきた医師の話では、40~50 % 位は嚢胞が見つかるといいます。福島県より汚染の低いはずの地域で、寧ろ福島以上の嚢胞保有率なのです。

    さらに、これまでの「県民健康管理調査」の甲状腺エコー検査で気になる事があります。
    嚢胞だけの比率に注目すると

    H23.10~11    H23.11~H24.3   H24.4~H24.4~8
      28.8%      35.1%     43.1%


    http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/240911kentouiinkaisiryou.pdf

    このように、経時的に増加してきています。

    厳密な年齢分布や被曝の程度の比較はできないものの、これらの事象を、一貫性をもって説明し得るものとして思いつくのは、以下のような仮説です。


    <放射線によって形成される甲状腺嚢胞は、短期間のうちに急速に発生し、数が増えたり、サイズが大きくなったりしながら、極めてダイナミックに変化する。場合によっては多数の小嚢胞の集簇が融合して、大きな嚢胞を形成する事もあり得る。>

    嚢胞形成の病理学的機序はわかりませんが、放射線が原因である事はほぼ間違いなさそうに思います。

    だとすると、子どもたちの甲状腺嚢胞は数ヶ月単位ででも丁寧に経過を観て行く必要があると思います。

    これが癌発生の前兆でないとは言い切れませんから。

    先ほどの福島の男の子の嚢胞は、2.5mmから10mm(4倍)になるまで、1年もかかっていないのですから。

    【2012/09/11 21:17】 | 原発
    トラックバック(0) |
    木下黄太のブログ  「福島第一原発を考えます」
    より転載です。


    「東京ガレキ焼却と同時期に、腹痛、嘔吐、蕁麻疹などで大量欠席の小学校。北九州ガレキ阻止支援要請。」
    http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927





    【2012/09/06 04:48】 | 原発
    トラックバック(0) |
    その1

    福島原発周辺の蝶々に突然変異がもたらされているという琉球大学の大瀧丈二准教授らの研究が、あの有名なイギリスの科学雑誌「ネイチャー」に、8月9日、掲載されました。
    http://www.senkyojapan.net/news-index/20120816_001/
    8月16日には有名なフランスの新聞ルモンド紙に、1面トップと6ページ全面に、この件が掲載されたそうです。
    日本では殆ど、取り上げられてませんが。


    ヤマトシジミ 


    いまや「Fukushima」の現実について最も無知なのは日本人かも知れません。

    日本政府は「風評被害だ!」と、イギリスやフランスに、何故抗議しないのでしょうね?


    その2

    オリンピックの開会式で、何故日本人選手団が、途中で全員退場させられたのか???

    「誘導ミス」はありえないでしょう!?
    「がれきメダル」は、入場式では選手の誰も身につけていませんでした。
    明らかに、英日政府どうしで裏の合意があったはずです。

    では、どういう理由でしょうね?



    恐らく、二つの件には同じ理由が潜んでいるのだろうと思います。



       海外は、日本の汚染の酷さを知っている。
       日本政府も知っている。
       けれど、国内向けには嘘をつく。



       他にどんな理由が考えられますか???







    【2012/08/17 21:35】 | 原発
    トラックバック(0) |
    大飯原発再稼働の次には、「原子力ムラ」メンバーを中心に、「原子力規制委員会」が発足しようとしています。

    「政府から独立した機関」で、委員長の任期は5年です。

    選挙や議会や民意と全く関係のないところで、勝手に原発を再稼働もしていけるわけです。


    委員長に選ばれた田中俊一氏は、「子どもに年間20ミリシーベルトの被曝をさせても問題ない」という人です。
    この人選をしたのは、例のヤラセ意見聴取会を強行した細野原発事故担当相です。
    人事案を政府が公表したのは、7月26日。そして来月上旬にも衆参両院の本会議で採決される見通しです。

    この汚い、見え透いた、唐突なやり方は、いかにも細野や野田らしいと思います。
    大飯原発再稼働の時と同様です。

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012072702000105.html



    彼ら「原子力規制委員会」がやろうとしているのは、廃炉でも、避難の補償でもありません。
    原発再稼働、汚染地域への住民帰還です。
    任期の終わる5年後には、チェルノブイリ以上の死者や健康被害が出てしまうことでしょう。そして全て放射能とは関係ないと、無視されていくことでしょう。


    九州に住む私が、つい先日甲状腺の手術をした日、約10人の患者さんが同じ日に手術をしました。そのうちのお一人は、関東で被曝し、福岡に避難してきた女性でした。3.11以前、「それまで、病気などしたこともなかった」と仰っていました。事故後1年あまりの間に、甲状腺癌の大人や甲状腺機能異常の子どもが出てきています。
    様々な健康被害や奇妙な若者の突然死や小児糖尿病(避難所に居た10人中6人)等の話を聞いていると、恐らく「福島」はすでに「チェルノブイリ」を遥に超えていると考えざるを得ません。


    そんな中で、「原子力ムラ」の復活です!


    軍司令部でさえ自国民を殺す権限はありせんが、
    これは公然たる『国家公認の殺人集団』です。



    よくよく、日本人は耐えてきたと思います。
    他国ならテロ、クーデター、暴動が起こっていてもおかしくはない状況です。
    いまの日本で暴動が起こっても、決して海外から非難される事はないでしょう。

    自国政府が、自国民や子どもたちを殺そうとしている時に…。
    憲法以前の理として、私たちには生きる権利、自らの命を守る権利があります。




    飽くまで非暴力のデモは、日本人にしかできない事なのかもしれません。
    そして、これを日常の当然の行事のように持続し、どんどん人を増やして行く事は、案外ものすごい力を生み出すかも知れません。

    殆どの家庭が電力消費を抑え、テレビを観るのも控えて、自分たちで食べ物や環境を守り…。
    気がついた時には、「国家」や「中央政府」や「財界」など有害無益になってしまっているような、そんな革命を50年、100年かけてなしとげて行くしかないのかもしれません。





    ただ、今回の動きに対しては、迅速に動かねばなりません。


    お願いは、ただ一つです。

      是非、抗議の署名、メール、電話、FAXを!!!


    【緊急署名】 「原子力規制委員会」のムチャクチャ人事に異議あり!
    https://fs222.formasp.jp/k282/form2/
    <緊急拡散希望>原子力規制委員会の人事に対して(田中優の'持続する志')
    http://tanakayu.blogspot.jp/2012/07/blog-post_27.html?spref=tw
    7.27首相官邸前抗議行動 山本太郎さんのアピール
    http://www.youtube.com/watch?v=-syehkjAjEs&sns=tw






    【2012/07/27 23:18】 | 原発
    トラックバック(0) |


    やっちゃん
    初めまして。
    原子力規制委員会、
    こんなひどい実態なのですね。
    許せません。

    微力ですが脱原発、子供たちの集団疎開問題を
    発信しています。
    恐れ入りますが記事転載させて頂いて
    宜しいでしょうか?



    意識屋
    やっちゃん 様

    是非とも、拡散お願い致します!!!


    やっちゃん
    アポロンさんありがとうございます!

    今日の山口選もがっかりしてしまいましたが、、、。
    鹿児島同様地方はまだまだこれから。
    地方はもっともっと時間かかると覚悟してます。
    めげずに発信していかないと、、、。
    頑張りましょうね。
    宜しくお願いします!


    コメントを閉じる▲
    健康被害が出ても北九州市は責任をとらない!
    国に責任を取ってもらうそうです。3.11後、未だに何の責任も取っていない国に!?

    <国際的な取り決めの、「放射性物質は移動させない、薄めて拡散させない」っていう事は知ってるけれども、国が言うから、受け入れた>のだそうです。

    違法、責任放棄の元凶、政府に頼まれたから焼却するだけ〜。政府が言うから、国際法も無視しちゃ〜う。だから、被害が出たっておいらは知らな〜い。

    これこそが、北九州市がこれからやろうとしている、瓦礫拡散焼却という名の「国民イジメ」への加担宣言です!

    [広告] VPS

    A.確認取ったんですけども、
    まず、①、②、③について、北九州市の方で受け入れるゴミのが受け入れるのは100ベクレル/kg以下の安全な,
    濃度の低い物に関して受けて、実際今回試験焼却やって…、環境への影響は殆どないものと認められるという事で、安全面を確認しながら行っていますので、・・・チェルノブイリの原発事故とは違う環境であったりとかですね、実際に健康には影響ないでしょうと説明差し上げている中で、データを集計してみんなに公表するということは無いですね。
    Q.いや北九州市がみなさんに公表するかどうかではなくて、そういうことをどういう数字をあげて検討されたかって、あるいは・・・
    A.検討してないってことですね。
    Q.わかりました。検討してないということですね
    A.試験焼却の結果をもってですね。市民の皆様への影響があるのかないのかというとこでですね。そういったところで判断しておりますっていうことで。
    Q.北九州市がどう判断したかではなくて、私が聞いてるのは検討したか、してないか、ですね。…で、検討されてないんですね。
    A.そうですね。
    Q.わかりました。

    Q.あと二つですね。
    A.試験焼却をやったことによって、これが憲法25条の生存権をおかしてるのかどうかということなんですけども。今回は実際試験焼却やった事によって、結果からもって、煙の中にどれだけ含まれているとか、放射線濃度とか、そういったものを分析した結果から見ると、今回の試験焼却を行った事によって健康被害は発生しないものとして考えますと。体調不良の原因というものはあるかと思いますが、今回の試験焼却に伴って発生したものではないと考えますと。
    Q.でもこれから瓦礫を8月中旬以降から焼却されますよね。焼却した後には、分からないですよね。基準以内(測定限界値以下)であれば、空気中に放射性物質が漏れることもあるわけでしょう。
    A.万が一のお話しですかね。
    Q.いや万が一でなくっても、全く漏れないってお考えなんですか?
    A.それはないです。…まったく100%シャッターアウトということはないけれども、今回の瓦礫を受ける事によって伴って、環境に与える影響っていうのは、こういった健康への影響が出ないくらい軽微な物と、影響としてですね。そういう風に考えてますと
    Q.でも、じゃあ、少数であっても、健康に被害が出た人は、もう切り捨てるということですね
    A.今回の瓦礫本格受け入れを行った後に、健康面とか、ちょっと体調崩されたとか、今回の瓦礫焼却に伴ってとか、瓦礫の埋め立てに伴って、そういったとこが、今回のそれに伴って、起因する物である場合はですね、そこについては国の方に責任を求めるという事で、国に請求方法であったりとかですね、手続きとかですね、そこらへんをまた、事細かに決めて行く必要があるかと思います。 
    Q.北九州市としては、何もするつもりはないということですね
    A.…、最終的には国の方に報告しないといけないからですね。
    Q.わかりました。

    Q.あとひとつ、質問がありましたけど
    A.広域処理につきましては…
    Q.それは何を根拠にしたんですか。国が言われたからという事が根拠ですか?
    A.国と被災地から要請を受けているので、こちらとしては、検討を進めて今回、北橋の方が受け入れをやりますという事で…
    Q.じゃあ、国際的な取り決めの、「放射性物質は移動させない、薄めて拡散させない」っていう事は知ってるけれども、国が言うから、受け入れたということですね。
    A.そうですね
    Q.わかりました。



    【2012/07/08 20:46】 | 原発
    トラックバック(1) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。