心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     「人間の命のことしか考えない者は、人間の命さえも守る事ができない。」と、誰かが言っていたように思います。

     「政府は被害者に謝罪したけれど、被害者も含めた私たち人間は、水俣で殺された猫や魚たちに、一度でも謝罪した事があっただろか」
     水俣病被害者の方がそんなことをおっしゃっていました。



     「動物や植物の生命よりも、人間の生命の方が大事」と、そう考えた瞬間、既に命の差別化がはじまっています。それは必ず人間自身にも跳ね返って来て、人間の命をも差別化します。

     動物や植物や、あるいは大地や海水をも被曝から守れなければ、私たち自身の命も危ない事は当然ではあるけれど…。そんな考えさえ、「人間のため」でしかないのであれば、やはり差別の構造と意識は生き続けるのだと思います。

     宮崎の口蹄疫で、畜牛を殺さなければならなかった農家の人たちの気持ちは、ただ商品を廃棄処分にするようなものではあり得ませんでした。あたかも家族を自らの手で殺(あや)めるような悲痛な思いだったそうです。
     そんな命としての平等観など、殆どの政治家や官僚たちには、想像さえできないのかも知れません。

     動物や植物の命を大切に思えない者は、人の命さえ大切に思えなくなるでしょう。人の命を大切に思えなければ、他人を差別することも平気になるでしょう。

     とある福島の母親の言葉を聞きました。
     「電力を全部東京に送ってますよね。…福島の子供たちだけが放射能に強いわけではないです。平等だとお考えであれば、…もしあれでしたら福島に、東京の学校を置いて頂いて、入れ替わったらいかがでしょうかと…。」
    http://www.youtube.com/watch?v=7tJcKXcS42Q
     
     明らかに「都市」と「地方」の差別の上に原発は建設されてきました。

     そして、この40年間、もっとも危険な作業を電力会社の正社員ではなく、原発や放射能のことなど殆ど知らない日雇い労働者たちが担い、被曝死してきました。彼らの命を軽視し続けることで、原発も私たちの生活も成り立って来たわけです。
    http://www.youtube.com/watch?v=FQ4rOKxRCsU&feature=share
     
     原発という存在そのものが、この命の差別構造の上に成立していたのだということを、改めて思います。世界と日本国内の差別構造なしに原発の存在は不可能です。私やあなたや社会全体の中にある差別意識がそれを支えてきたのだろうと思います。


     放射能は人間だけでなく、草も虫も猫も牛も魚も、全ての生き物にとって危険なものです。だからこそ地球全体が地磁気や大気や水蒸気で包まれて、宇宙線(宇宙からの放射線)の被害からすべての命を守ってくれている。そう考えることもできます。
    http://www.minusionwater.com/dame2.htm

     すべての生命を平等に守ろうとする地球の働きとは正反対の働きをするもの。
     生き物や人の命を差別し、侵していくもの。
     それが原発だとも言えます。




    【2011/05/27 11:25】 | 思索
    トラックバック(0) |
     「見えない島を観る」という能力について、必ずしも「この世ならざる」、「自然界に存在しない」、「超能力」のようなものを想定する必要はないでしょう。

     原始的な部族社会で暮らす人々が、現代人が持ち得ないような視力や聴力や嗅覚を、当たり前のように持っていることを思えば、人間は長い「進歩」の歴史のなかで随分と多くの感覚器官を衰えさせてきたのだと思います。



     伝書鳩の並外れた帰巣能力などは、「生体磁石」という概念で説明されようとしていますが、犬や渡り鳥にも同様の能力があって、それが人間にあってもおかしくありません。

     ある障がいを持った子供が、町の地図を航空写真のように、ほぼ正確に描いたという話を聞いたことがあります。
     例えば、GPSのような鋭敏な感覚を伝書鳩や人間が持っているとすれば、ナスカの地上絵を説明することもできます。必ずしも「幽体離脱」して数100メートル上空から観たり、あるいは宇宙人が描くのでなくても、人間は巨大な絵を地上に描く事ができるはずです。
     ポリネシアの海洋民族もその「GPS」的感覚で、見えない島の位置や方向を感知していたのかも知れません。
     

     鳥も犬も人も地上に存在する生物たちが、もともとこの地球から産み出されたのである以上、地球の磁場の変動などの様々な情報を感知するセンサーを内蔵していてもおかしくありません。
     地震の前にネズミが逃げ出したり、犬が吠え出したり、頭痛を感じる人がいたりすることが、科学以前の時代から言われていましたが、あながち「迷信」とは言えないでしょう。寧ろ、磁場の変動を鋭敏に感知する生物が無数に存在している方が理にかなっているように思います。

     ただし、それらの感覚は、当然にもこの地球にもともと存在するものに対する感覚です。逆に言うならば、地球が誕生して46億年の間、一度も存在しなかったものに対しては、それを感知する能力を、どんな生物も持っているはずがないのです。

     ダイナマイトが爆発した時には、爆発音を聞いたり、爆風を感じたり、熱を感じたりすることはできますが、原料のニトログリセリンそのものを感覚で認識することは不可能です。

     そして高濃度の放射線を浴びたり体内に放射性物質が入ったりしても、「直ちに人体に影響は出ない」ならば、「いま放射線を浴びている」というのを身体的に感じることは不可能です。

     46億年の間、一度も地球上に発生したことのない特殊な現象を感知するような感覚器官(センサー)を、体内に形成する情報が人類のDNAに備わっていないのは、あまりにも当然過ぎることです。
     しかもなおかつこの放射線というのは、DNAの鎖の分子配列そのものを破壊してしまうので、本来の人体の内部情報を破壊し、癌細胞や奇形組織をも発生させてしまいます。


     核分裂反応とそれに伴う放射線がとても恐ろしいと思う理由の一つは、そのことです。

     ガイヤ(地球)そのものは、そんなものを産んだ覚えはないので、それから身を守る術をわが子(地球上の全ての生物)に与えてくれていません。なのでヒトに限らず全ての生物種は本能的な危機回避行動をとれないまま、被害を被ることになります。放射能汚染された海域でも、魚たちはいつも通りに泳いで、放射性物質を体内に蓄積し続けます。


     東北に限らず、放射線を浴び続けている東京でも、「パニック状態」にならない。被災地でさえマスクをしない。危険性を知っていながらも逃避行動をとれない。そのことの方が寧ろ恐ろしいと思います。
     「脱パニック状態」とも言うべき一種の虚脱状態、集団的「解離」、「否認」、「抑圧」とでも言うべき精神状態に、私たちはいま陥ってしまっているようにも思います。

     「東京で大人は最大3時間しか外出できない」

     やはり後手に回った放射能汚泥 建築資材で都内に15万トン流通か





    【2011/05/23 13:24】 | 思索
    トラックバック(0) |

    そうですよね・・・・やっぱり!
    スヌ~ピ~
    吉井さん(タイムドメインの発明者)という方が
    女性にはオーディオ・ファンがいないのです。
    なぜか? スピーカーの音は身体に悪いことを本能で知っている!
    でも、このシステムなら大丈夫!
    と言ってました。子供を生む女性には人類に害を与えるものに対する本能があるようです。

    でも、このスピーカーサウンド・・・・・結構最近の音なんです。私はデジタルの音を30分聞くと・・・下痢します。

    つまり、人類の無経験な事柄に対しては・・・・
    下痢という現象が起こるのでは??

    な~るほど
    アポロン
    >女性にはオーディオ・ファンがいないのです。
    なぜか? スピーカーの音は身体に悪いことを本能で知っている!

    な~るほど!確かに確かに!!!

    ちなみに、我が家にはタイムドメインの煙突スピーカーがあります。アンプは鏡餅くらいの大きさで、複雑な電気回路がありません。

    音は、確かにかなり素直で臨場感があります。

    いずれにしても、生音に勝るものはありませんが・・・。




    コメントを閉じる▲
     山登りをする人は、風景の見えない部屋の中でも、どちらが北か、方位磁石なしで言い当てられるそうです。そういうセンサーを、人間は本来持っています。そのセンサーを使わない生活に慣れてしまうと、眠り込んでしまうのでしょう。

     ハワイ諸島の先住民は、南半球のマルケサス諸島から太平洋を渡って来たポリネシア人たちだと言われています。羅針盤もなかった千年以上も前に用いられた航海技術は、星と波と雲と風を観る事くらいです。そしてもう一つ、最も重要なのは、嵐の暗闇の中でも、視野に存在しない島々のイメージを、心の内側に見ることができるかどうかなのです。それを先住民の長老たちは現代まで伝えています。 


     自然と人間の関係の中で、自然からの情報を読み解く力と、自然に働きかける力は、生存にとって必須のものですから、例えば星や太陽や月の動きを読んで、種を撒いたり、潮の満ち引きや海の色や風の匂いから、漁に出たりするのはヒトにとって死活に関わる「技術」でした。
     それら原始的な「技術」力は、ポリネシア人の航海術や登山家の地磁気センサーのように、現代の私たちの想像をはるかに超えるものだったのだと思います。


     どうやってピラミッドを作ったのか、どうやってナスカの地上絵を描いたかは未だに謎ですが、「見えない島」を心の中にイメージするような、超自然的な能力をも、頻繁に用いていたかも知れません。
     つまり、ヒトははるか昔、私たち以上に緻密で幅広いセンサーを、肉体や意識のうちに宿していたのだと思います。

     地震や津波や台風や火山の爆発をも、かすかな自然の予兆から読み取ろうとしていましたし、伝承によって古い災害の経験も蓄積されていました。

     近代科学技術は、それらの知恵や感覚や行動様式を「非科学的」という理由だけで、切り捨ててきました。

     漁師たちが海の様子を、農家の人々が大地の様子を、「科学者」以上によく知っていたりするのは、飽くまで自身の感覚や直感という「内的自然」の一部を直に用いて、海や大地と接しているからなのだと思います。

     一方、「科学者」はそれらを排除し、機械的、客観的に測定することによって、「科学的」知識を深めていきます。その方法こそが、確かに近代文明の形成をも可能にしたのですが。 

     近代科学技術の歴史は高々200年ですが、最も広い意味での「技術」(テクノロジー)の歴史は最短でも25万年前のホモ・サピエンスの出現にまで遡れます。そういう前提に立って核エネルギーや人工的に放出される放射線というものを考えた時、とても恐ろしく感じるのです。





    【2011/05/22 08:12】 | 思索
    トラックバック(0) |
     何年か前に、父を故郷まで車で連れて行った。元実家のあった場所、菩提寺、墓所、神社。祖母が実家を売り払って以来、何十年も行ったことがなかった。祖父が土葬された山の中腹まで行くと、涙が流れた。父は意外に淡々としていた。
     4歳の頃、葬列について山道を登った生々しい記憶は、しっかりと脳裏に焼き付いている。私が祖父と対面した最初で最後の「出会い」だった。



     年明けて早々に両親を九州に連れてきた。父の認知症はかなり進んでいて、時に私のことも忘れる。結婚して長年住み慣れた土地を離れるのはさぞ辛かろうと思って話したら、父は何の拒絶もなく「行く、行く」とうなずいたので、少々面食らった。

     住んだこともない父の故郷に、そして生まれ育った場所でもないこの地、九州に、私はわけもなく強い郷愁を感じる。何か不思議な縁があるような・・・。父ももしやそんな縁を感じているのだろうか。自らの最期の地になるであろうこの地に。


     土着の文化の中にある、「郷愁」や「故郷」というような叙情に違和感を感じていた。例えば遊牧民やロマやユダヤ人、あるいは日本の旅芸人や修験者にとって、「故郷」は一体何なんだろう。



     スペイン内戦に際して祖国から亡命して以来、遺体としてしか一度も祖国に帰らなかったパブロ・カザルス。第二次世界大戦後、愛する生地カタルーニャの民謡『鳥の歌』を演奏し始めた。

     「私の生まれ故郷カタロニアの鳥は、ピース、ピース(平和)と鳴くのです」

     彼の本当の魂の故郷は「平和」だったのだろうか。


     私には、この地上に実在する「故郷」など無いようにも思う。
     夜空を見上げた時に感じる懐かしさ・・・。
     本当の出生地に向かって、旅立つために、魂の故郷に向かって、生きているようにも思う。
     

     父の認知症は、そんな故郷に帰るための旅支度なのかも知れない。

     「まあ、あと2年やから・・・、いや冗談やけどな・・・」と、唐突に言った。
     父の言葉を信じて、旅支度を手伝わせてもらおうと思っている。



    【2011/01/29 11:38】 | 思索
    トラックバック(0) |


    さとP
    私も今年は介護元年、となりそうなので
    とても身近な内容です。

    なつかしさってなんだろう、と考えた事があります。

    懐かしさは幸せだった記憶のかけらという感じがします。

    はじめてきた場所でも、自分の魂の故郷に通じる「幸せの匂い」を帯びていたら懐かしい郷愁があるように思います。

    誰かから大事にされた記憶、自然界が見守っていてくれた安心感。



    旅支度のお手伝い、お互いそんな年齢ですね。



    介護元年
    -
    確かに、あちらもこちらも・・・介護元年ですね。

    <自分の魂の故郷に通じる「幸せの匂い」>

       M78星雲が懐かしい・・・(笑)

    コメントを閉じる▲
    夕日


     「私は戦争の被害者だけれど、加害者でもある・・・」
     ある被爆者は、65年目にしてようやく語り初めた。
     「『水をやると亡くなる』。そう聞いていたので、水を求めて私の足にしがみついてくる手を、振りほどいて逃げた」

     原体験を持つ被爆者が年々少なくなっていくいま、世界の若者やジャーナリストが、ヒロシマ、ナガサキに押し寄せて来ているらしい。
     あるアメリカ人フォトグラファーは、老人の体験を聞きながら、カメラを持つ手が震えたという。その人の表情、瞳の奥に、いままで見たことも無いような、もの凄さを感じたからだという。

     沖縄のチビチリガマが公にされたのは1987年。戦後42年目のこと。親が子を、子が親を、最も愛する者の命を自らの手で絶つという極限の状況は、同じ村人同士でさえ、語り得るはずもなかった。

     『はだしのゲン』の作者、中沢啓治も父と弟、姉を炎の中に置いたまま、半狂乱の母親の手を引いて逃げ惑ったという。



     亡くなった肉親や仲間への悲しみだけではない。生き残った自分自身に対する罪悪感を抱きながら、口をつぐみ続ける数知れぬ人々がいる。

     声高な叫びや居丈高な言説に覆われた歴史の表層とは裏腹に、実はもっと深い深い流れの底に、いまだ語り得ぬ無数の人々の苦渋と沈黙が横たわっている。被爆者老人の、濡れた瞳の底のただならぬ眼光は、そこに発するようにも思う。

     原爆が善いとか悪いとか、戦争が善いとか悪いとか、世の中が善いとか悪いとか言う前に、わが心の最も奥底にあるものを直視せよと・・・。
     


       沈黙の中にこそ、全てが隠されているのかも知れない。
     
         人類の光も影も、罪も栄光も・・・。

            その「沈黙」にこそ、いま心を傾けねばならないと思う。



    【2010/08/06 08:00】 | 思索
    トラックバック(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。