心理カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)もやっている精神科医です。内科経験もあり。メンタルヘルス、人生のこと 、思索、エッセイ、旅、音楽、ギター、ひとり言 etc.  息抜きに読んで頂ければ幸いです。3.11以降は、原発関連の情報中心です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     昨日は、近くの教会で創立記念のチャペル・コンサートがありました。
     
     祭壇には、石炭を容れたザルが飾られていました。 

     沖縄戦間際に筑豊に移り住み、そこで敗戦を迎えた服部団次郎牧師が創設した教会です。戦渦で亡くなっていく人、ヤマ(炭坑)で亡くなっていく人たちを、たくさん見て来られたに違いありません。

     あとを継がれた牧村元太郎牧師が、3.11のことを話されました。聖書の黙示録から何度も引用されたハルマゲドンの世界。

     地震、津波、みえない核の炎。
     けれど、それは救世主再臨のしるしなのだと。

     津波で亡くなった人々は、間違いなく神の国に召されたのだと。

     被災地に支援に行った方の言葉も紹介されました。

        「物よりも繋がり、作業よりも笑顔」



     この未曾有の災禍にも意味がある。
     力、驕り、偽り、強欲…、それらに依って生きようとする者たちによって弱められ、低くされてきた者たち、義に生きる者たちが報われる日が近いのだと。この災禍の中で本当に人と人が繋がること、人を愛することを、神は学ばせようとしているのだと。


     私たちが歌ったのは、ルネサンスの時代に創られた宗教歌、“ Super flumina Babylonis(バビロン川のほとりで)” でした。紀元前586年、祖国を追われバビロンに強制移住させられたイスラエル民族の、その時の悲しみが旧約聖書に記され、現代も歌われ続けていることに、驚くばかりです。


     黙示録の中で、「バビロン」は滅びることになっている。

     「バビロン」とは、この私たちの文明の驕りそのものとも言える。



     では記憶の中の「祖国」、いつか帰っていくべきその地、心の中の「エルサレム」とは…、いかなる世界なのだろうか。

     深い悲しみと、おびただしい悔恨の大河の流れを、私たちはいま、ほんの少し渡り初めたに過ぎないのかも知れません。



     

    【2011/08/29 21:56】 | 音楽
    トラックバック(0) |
    昨日のデモ、参加したかったのですが…。行けませんでした。

    とりあえず、  ちょっと暗いけど…。
      
      「ひとりでも」…、「サウンド・デモ」やります!!!

    [広告] VPS






    【2011/06/12 01:03】 | 音楽
    トラックバック(0) |


    あべひろえ
    パチパチ・・(拍手)

    私はいつも「ひとりデモ」です

    ずっと反原発だったし
    そのためにできることは
    少しして来たかな、と思います

    多くの人がデモに行くようになった今は
    私は他にできること(歌など)を
    しようと思っています

    「ひとりデモ」ばんざ~い!(笑)


    アポロン
    >あべひろえさん

    確かに、確かに!

    あべさんのやってることって、ある意味、超強力「ひとりデモ」と言えますよね。

    <歌うフリーランスジャーナリスト>とか、
    <取材するシンガーソングライター>とか以上に…。
    <ひとりでも、「ひとりデモ」!>が一番ピッタリじゃないかと…。

    思うけど、今は組織対組織ではなくて、個人対個人の時代なのかなと…。ひとりひとりが、自分の思いを自分の言葉で直接発信し、行動する。

    「国家」も含めて「組織」は「私」の命なんて守ってくれませんから。究極のところ、「私」の命を守るために、「あなた」やいろんな生き物の命と向きあう、そういうコミュニケーションが必須であり、一番の基本なのだと、3.11以降はつくづく考えさせられています。

    「なんたら委員会」の「なんたら委員長」とかって、別にどうでもいいかなと…。

    ぼくの中であらゆる「組織」や「集団心理」や「政治的レトリック」がメルトダウンした時、どんな風景が見えてくるのか…、ある意味とても楽しみなのです。 

    あべさんは、とっくの昔から、颯爽とそれをやってのけておられるのだと感じます。


    まあ、ともかく
      
      「ひとりデモ」ばんざ~い!


    コメントを閉じる▲
     日曜日は、私が参加している合唱サークル、「スコラ・カントルム・イイヅカ」の定期演奏会でした。フォーレの『レクイエム』と無伴奏のルネサンス宗教歌、全部で10曲歌いました。
     さすがに翌日、声が嗄れていたのは…、酒のせいかな?



     会場には東日本大震災への義援金箱が置かれました。

     打ち上げのレセプションでは、みんなで『上を向いて歩こう』と『見上げてごらん夜の星を』を歌いました。

     <テレビやラジオでは盛んに「頑張ろう」を連呼してますが、どう頑張ればよいのやら…。今はまさに「上を向いて歩こう、涙が溢れないように」というフレ ーズのまま、今できることを静かに淡々とこなして行くだけです。>
     福島県で被災された農家の方の、そんな思いが伝わってきます。

     この曲が世界中でヒットした理由が、今回初めて分かったような気がしました。

     「上を向いて歩こうよ」、「幸せは雲の上に」、「幸せは空の上に」、「悲しみは星の影に」、「悲しみは月の影に」・・・

     何をどうすべきかも分からないほど辛い時、天上の神様に祈るような気持ちを、この曲から感じるのかも知れません。

     

     1930年に発見された冥王星 (pluto) から命名されたプルトニウムが暴走しかねない状況の中で、冥府の王(プルートー)の力にどう対抗するか…。
     タロットカードの「力」から連想すれば、それは寧ろ「やわらかさで包み込む母性」ではないのかと思います。

     実際にいま、男性以上に女性や母親たちが、原発を止めようと声を上げ、行動を広げています。福岡ではじめられた「ママは原発いりません」という運動も、福島から子どもを連れて避難して来た女性が、たったひとりでチラシをまき始めたのがきっかけなのだそうです。

     いま必要なのは、「頑張」って力で対抗することではなく、むしろそれを超える深い祈りや命への思いに立ち戻ることではないのかと思います。



     イエスを産んだだけでなく、その死までも見届けた母マリアが、なぜイエス以上の存在ではないのか、寧ろ不思議に思いませんか。

       “ Ave Maria ” : Tomas Luis de Victoria (1548-1611)
         合唱 スコラ・カントルム・イイヅカ (2011.5.8) 
    [広告] VPS




    【2011/05/10 22:05】 | 音楽
    トラックバック(0) |

    管理人のみ閲覧できます
    -


    Re: タイトルなし
    アポロン
    とてもいいと思いますv-198



    コメントを閉じる▲
     何年か前に、知り合いからこの歌の譜面を見せてもらって、とても感動したのを覚えています。作者の田中新吾さんという方とは、直接面識はないのですが、若くして癌で亡くなったとのことでした。
     たくさんの歌を書き残して、逝かれたそうです。

     彼自身の歌った音源がないのですが、この歌は是非たくさんの人に伝えれなければと想っていました。

     いまつくづく、本当に大切なメッセージだなあと想って、歌ってみました。


    http://www.youtube.com/watch?v=5WTgLJlr9Sk&feature=channel_video_title


    やわらかなメッセージ

    作詩・作曲 田中新吾


    1.
    目を閉じれば 見えてくる
    遠い海の 向こうまで
    薄い空に 包まれた この星の
    森に抱かれて 生きている
    止まらぬ あやまち
    それでもいきていく 私たち
    いま探してる 萌え出づる
    やわらかな メッセージ

    2.
    目を開ければ 広がる宇宙
    しなやかに泳ぐ 魚たち
    命に 彩られた  この星の
    風に吹かれて 生きている
    渦まく 逆流 
    おしとどめるのは 誰なのか
    いま求めてる 平和願う
    やわらかな メッセージ

    3.
    固い地面を つきくずし
    花咲く 荒野の草のように
    人間の 愛を生んだ この星で
    私のいのちが 果てるまで
    目にうつる緑 
    夜明けのひかりに うかぶとき
    いまあふれくる 愛でむすぶ
    やわらかな メッセージ



    【2011/04/25 10:03】 | 音楽
    トラックバック(0) |
     桜と桃がほぼ同時に満開となって、そして今頃、桃の花が散りはじめています。
     桜の散る姿には切なさを感じますが、桃の花の散る姿には、なぜかほのぼのとした暖かさを感じます。



    蘇州夜曲


    http://www.youtube.com/watch?v=RaPzqQp5E1Q&feature=channel_video_title





    【2011/04/22 20:00】 | 音楽
    トラックバック(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。